60・70歳の高齢になってからの断然トップの心配事とは? 

60・70歳の高齢になってからの心配事、断然トップは? 

リンクユニット 本文上




おはようございます

今はコロナの話題ばかりですね。

コロナ感染者が減ってきて安心していると、今度は感染力の強い変異ウイルスにより爆発的に感染者が増えています。

また、不安な日々を送らなければなりません。

生活も苦しいのに困ったものです。

統計によると高齢者の一番の心配は、お金のことです。

今回の記事では、お金の事について触れています。

■前回の記事はこちらから

高野山霊宝館開館100周年記念大宝蔵展(2021年4月17日(土)~11月28日(日))

スポンサーリンク

高齢者の心配事とは

高齢者の心配事とは「お金」に関する不安が断然トップ。

その次には「 体が衰えていくこと」に不安を感じている。

体の衰え・・・私も自分の体が衰えていくのを感じています(-_-;)

筋肉を鍛えなければと思っていますが・・・。

私たちのような高齢者には、ラジオ体操やウォーキングのようなものが最適ですね。

ウォーキングは「朝が効果的」というイメージがありますが、実は夜であっても効果は変わらないそうです。

朝15分、夜15分に分けてももいいですね。

1日で30分くらい歩くのが大切。

ただし、だらだら歩きはダメです。

歩く速さが大事であるということが立証されています。

1分間に「165ー年齢」の心拍数(脈拍)になるようなスピードでのウォーキングが最も効果的。

お金に関する不安がある人は、お金に興味をもって勉強をしてこなかったことが原因ですね。

日本はお金のことを小さい頃から教育するべきだと私は思っています。

きちんとした知識があれば大人になった時、会社のお給料以外にもお金を増やすことができます。

会社を定年退職して年金だけの収入になっても、お金を増やせる知識があれば心配はいらないですね。

お金に対する知識がなかったり、準備不足であれば必ず心配事が起きます。

「年金だけで生活できるだろうか?」「 蓄えたお金だけで足りるだろうか?」

たとえ節約したとしても、一定のお金が毎月出ていきます。

「夫婦どちらかが亡くなったとしても」 二人の時とさほど変わることのない金額が出ていきます。

そのため、今まで貯めてきた貯蓄や年金で暮らしていけるだろうかという心配で頭がいっぱいになってしまいます。

当然、今の現状では、年金だけで生活できるとは考えられません。

怪我や病気により入院したら、予定外の出費になってしまいます。

これから「年金生活に入る人たち」は年金以外にも収入を得られる方法を見つけていかなければなりません。

あなたは大丈夫ですか?

若いあなたは、今からお金に興味をもって楽しくワクワクしながら勉強してくださいね。

若いときは、何度失敗しても取り戻せます。

将来その勉強が、お金を増やせる金の卵を生み出します。

お金のイメージ

「お金」という言葉を聞いた時、あなたはどんなイメージが頭に浮かびますかかりますか?

お金儲け、悪いことをして大金を得る、汚いもの、ギャンブル、札束、不幸、幸福感いろいろ思い浮かびますね。

お金の起源については色々言われていますが、物々交換で物の価値が違っていて、物々交換が成り立たない時に「お金」の原型が生まれたといわれています。

「お金」という道具ができて、物の売買が便利になりました。

「お金とは」何かと交換ができ、高いか安いかお金により基準がわかる。

また、貯蓄しておくことができます。

世界の人から見て「日本人は貯金が大好き」と言われています。

私もその中の一人です(^o^)丿

お金、大好き人間です。

お金が増えていくワクワク感がたまりませ~ん。

貯金大好きは堅実でとても良いことだと思いますが、今の銀行の金利では貯金は賢いやり方とはいえませんね。

増えるどころか、目減りしていきます。

あなたは、どうすれば良いと思いますか?

貯金するよりお金に働いてもらう

私が若いころは郵便局の定期預金の利息が高くて、10年で(元本+利息)2倍になりました。

しかし、今は金利が安くお金は増えませんね。

現金を家に置いておくと危険なので、預けているだけです。

少し貯まってきたら、お金に働いてもらいましょう(^o^)丿

ある程度貯蓄ができれば、次はお金を巡らせて稼ぎ、お金をまた回します。

お金は寂しがり屋なので、増えれば増えるほど、お金がお金のお友達を集めてくれます。

あの有名な物理学者のアインシュタインが「人類最大の発明」と叫んだ「複利」の効果です。

雪だるまのように大きくなります。

楽しいと思いませんか?

お金は一番大切なあなたの「パートナー」です。

何かを始めようとしても、お金がないと断念しなくてはなりません。

生きるためにはお金が必要です。

しかし、お金の亡者にならないでくださいね。

お金は大切ですが、豊かな人生を送るための手段の一つと考えてください。

お金に縛られないようにお金と仲良くする

若い人は将来のために自分に投資をしてください。

私は習い事をする時でも、これは将来自分にとってお金を生み出せるものか?

なんて考えながら、好きな習い事の順位を決めます。

三つの習い事をしてきましたが、今現在、三つとも収入があります。

高齢の私たちは、会社で働く事が難しいので、自宅でできる仕事を考えなくてはなりません。

私は、次は働かなくてもお金が入ってくる「不労所得」にお金をまわしています。

それは、いったい何?

私の場合は株式投資です。

高配当投資と優待株投資で楽しんでいます。

配当金は金の卵です。

その金の卵を再投資に使います。

若い人は、少ない金額(3000~5000円)で投資信託などをしてもいいですね。

歳月が味方になり大きく増やせます。

しかし、投資信託をするときは、手数料に気を付けてください。

積み立てニーサ口座を作れば、20年非課税で運用できます。

証券会社の窓口より、ネット証券を選ぶのがいいですね。

私はSBI証券を使っています。

いろいろなネット証券を使いましたが、今のところ一番使いやすいです。

お金の入り口を広くたくさん作り、出口を狭くしましょう(^o^)丿

以前、株式投資(日経225先物取引)で大失敗をやらかして、血の気が引く思いをしました。

災害や大きな悪材料がなければ、少ない資金で年間500万円ぐらいの利益は取れます。

無料ブログの方で、私の売買を配信していました。

しかし、大きな災害などが起これば、地獄の底に突き落とされます( ゚Д゚)

その失敗により、ハイリスク、ハイリターンのものには手を出さない決心!!

高齢なので、危ない橋は渡らないことにしました。

プロと同じぐらいの知識がなければ、先物取引は絶対してはいけません。

リスクの少ない株式投資を選んで勉強をして楽しんでください(^o^)丿

無駄遣いをしない

私は無駄遣いが嫌いです。

では無駄遣いとはどんなものなのでしょうか?

自分がやりたいこと、幸せを感じられることにはお金は惜しみません。

これは無駄遣いではないと思います。

我が家の大きな無駄遣いを発見しました。

2台ある車です。

主人が仕事を辞めてから、主人と私の車、各1台ずつ必要?

3ヶ月様子を見て、1台で十分であることが分かりました。

早速、1台処分をしました。

軽自動車を残したので、年間かなりの節約になります。

やった~(^o^)丿

お金は人生を変える凶器にもなる

お金は稼いで貯めて、回して増やすのが基本ですね。

しかし、貯まっていなくてもお金を借りて使う選択もできます。

私はローンや借金は大嫌いですが、どうしても借りなければならない時もあります。

娘が音楽大学に行きたいという希望があったので、希望をどうしてもかなえてあげたくて、教育ローンを利用しました。

我が家は貧乏だったので、利息のない教育ローンを使うことができました。

かなり長い間、返済をしました。

娘が嫁いでもローンだけは残りました。

なんてこった~て感じです( ゚Д゚)

完済したときは、ほっとしました。

やれやれです。

今では、娘はピアノ教室をしています。

このローンは成功です。

良かったです。

娘は好きなことを仕事にしています。

最近では返す必要のない「奨学金制度」も増えてきましたので、成績優秀であれば胸を張って利用できる制度です。

こちらも、視野に入れておくのもいいですね。

ローンを借りるとき、連帯保証人がいります。

もし、ご自分が返す自信がないときは、借りるのを断念してください。

自分が返せなくなった時、自分が破産するだけでなく連帯保証人までも巻き込んでしまいます。

連帯保証人が払わなくてはならないのです。

わが主人も、気軽に連帯保証人になったことがありました。

私は猛烈に反対しましたが・・・(-_-;)

案の定、借りた本人が返せなくなり、こちらに返済の義務が生じました。

催促の電話がかかってきました。

本当に、テレビドラマと同じ催促の仕方でした。

電話での催促の仕方に震え上がりました。

頭の中がパニックになるくらい恐ろしかったです(-_-;)

それからは、どんなことがあっても連帯保証人だけはなってはいけないと思いました。

まとめ

高齢になってからのお金の心配はしたくないですね。

早くから準備をしておきましょう。

お金を貯め込むのではなく、貯めたお金は回しましょう。

無駄を探して省いてください。

欲しいものはローンで買わないように、お金をためてから現金で購入しましょう。

連帯保証人は絶対なってはいけません。

金の卵をどんどん育てましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。。

■次回の記事はこちらから

準備中

■前回の記事はこちらから

高野山霊宝館開館100周年記念大宝蔵展(2021年4月17日(土)~11月28日(日))

スポンサーリンク