十二支の中の戌年生まれの人の性格とは? 四文字熟語で昔からそれぞれの干支動物をどのように見てきたかわかる!!

十二支の中の戌年生まれの人の性格とは? 四文字熟語で昔からそれぞれの干支動物をどのように見てきたかわかる!!

リンクユニット 本文上




おはようございます。

新型コロナウイルスによる他県への移動制限が解けてから 国内での感染者が 増えていますね。

我が三重県は大丈夫だと思っていたのですが、昨日残念なことに感染者が出てしまいました。

更に悪いことには我が市であること、その家族の女性もコロナにかかってしまっている。

小学生が含まれていて、その小学生が学校にも行っている( ゚Д゚)

女性の職場関係者は5人、小学生の学校関係者は23人、濃厚接触者と特定されています。

どうなるのかな~(-_-;)心配です。

早く特効薬できないかな~!!

2020年7月 13日の感染者の数

北海道 (2人)
宮城(4人)
山形(2人)
茨城(3人)
栃木(3人)
群馬(1人)
埼玉(26人)
千葉(17人)
東京(119人)
神奈川(17人)
福井(1人)
長野(1人)
愛知(2人)
京都(9人)
大阪(18人)
兵庫(1人)
奈良(4人)
和歌山(3人)
広島(3人)
香川(1人)
高知(1人)
福岡(2人)
長崎(4人)
鹿児島(5人)

昨日より人数は減っていますが地域が増えています

第二波が近づいてきているような気がしますね。

第2波が来ないことを祈るばかりです。

外出する時マスクを忘れず、外出から帰ってきたら 手洗いを忘れずにしてください。

自分の身は自分で守らないと誰も守ってくれません。

少し面倒な生活になりますが、これからはこの生活が日常になりますね(-_-;)

まだ、安全でないので県外への移動はしないつもりなので、干支の動物について記載しています。

今回の記事では、戌年生まれの人について記載しています。

■前回の記事はこちらから

十二支の中の酉年生まれの人の性格とは? 四文字熟語で昔からそれぞれの動物をどのように見てきたかわかる!

スポンサーリンク

十二支は前回の記事と同じですが、記載しておきます。

「子(ね)、丑(うし)、寅(とら)、卯(う)、辰(たつ)、巳(み)、午(うま)、未(ひつじ)、申(さる)、酉(とり)、戌(いぬ)、亥(い)」の12文字のことを十二支(じゅうにし)といいます。

この十二支は中国で暦・時間・方角などを表すために使われ始めました。

性格を作る要因とは

人の性格とは誰一人として全く同じ性格の人はいませんね。

人の性格は、生まれつきのものや育った生活環境などにより作り上げられていきます。

私の書道教室に通ってくださっている生徒さんを見ていると、生まれた時の干支が同じであれば性格が違っているように見えても根本の性格はほぼ同じです。

とても興味深いです。

イヌ・犬・戌年とは

伊勢神宮の鈴の干支 12年間同じ持ち物で、一巡したら持ち物が変わります。

戌年生まれの人の守り本尊は阿弥陀如来さまです。

詳しくはこちらの記事からも見ていただけます。↓

あなたの干支と生まれた月で独自の梵字・守護本尊・真言(呪文)があるのを知ってますか?強力な力であなたを災難から守り幸福へと導く!!すぐ探しましょう!!

犬は私たちの 良きパートナーですね。

犬がペットとして飼われるようになったのは、縄文時代からのようです。

狩猟や採集生活を営んでいた縄文人にとって犬は重要なパートナーでした。

また、霊力を持っている2匹の犬が弘法大師空海さまを導き、その導きにより空海さまは高野山を見つけることができたという話があります。

犬の視覚、 聴覚、収穫は人間よりはるかに優れています。

人間が気づかないことも、素早く察知することができるため神秘的な動物であると信仰 の対象にたのでしょう。

以前のテレビ放送で、地震で揺れだす前に地震をキャッチして逃げ出す犬の映像を見ました。

この犬はただ逃げただけではなく、飼い主さんを探し出して安全な場所に誘導していました。

なんて、飼い主さん思いなのでしょう~(涙)

また一方では、犬は多産でお産が軽いことから、安産の象徴としても信仰を集めました。

金刀比羅宮 (香川)・水天宮(東京)・ 伊奴神社(愛知)で会えます。

ご利益は安産・子育て・厄除けなど

金刀比羅宮(ことひらぐう)( 香川)

讃岐の金刀比羅宮のお参りは伊勢参りと並んで人気がありました。

しかし旅にはお金がかかることから、代表者のみが参拝する「代参」が行われていました。

犬が飼い主の代参をすることもあり、「こんぴら狗」と呼ばれていました。

こんぴら狗は首に袋をぶら下げその中に飼い主の名を書いた木札、初穂料、道中の食費などが入っていました。

大した犬がいたものですね。

伊奴神社(いぬじんじゃ)(愛知)

673年に建立されたと伝わる伊奴神社には、「 犬の王」と銘打された銅像が安置されています。

洪水に苦しめられていた伊奴村に山伏が御幣 を立てて祈りを捧げてくれました。

それ以来、洪水は起こらず豊作に恵まれていました。

村人たちに山伏は御幣の中を見てはならないと伝えましたが、気になりかけてしまいました。

そこには犬が描かれ「犬の王」と書かれた札がありました。

約束を破って見てしまったのでまた洪水に見舞われるようになりました。

村人が山伏に相談したところ、御幣を埋めて社を建立せよといわれ、伊奴神社が創建されたということです。

伊奴神社の祭神は伊奴姫神で安産、子授けのご利益があるといわれています。

水天宮(東京)

江戸時代、水天宮が福岡から久留米藩上屋敷に分祀された際、庶民が多数参拝に駆けつけるようになったといわれています。

参拝者の中には妊婦がいて、安産であったことから、水天宮は安産のご利益があるという信仰が広まったと伝わっています。

境内には安産の犬にあやかった「子宝犬」が置かれています。

子宝犬の周囲には、十二支の玉が配置されています。

自分の干支を撫でながら願い事をすると、 ご利益があります

十二支の11番目、戌年生まれの性格とは

我が教室の午年の生徒さんの特徴は?

何事も丁寧に落ち着いてする。

書道していても観察力があり、字に抑揚があり上達が早い。

無駄なことはしない。

話すことは好きだけど、人の邪魔をすることは決してない。

自分の殻に閉じこもりがちなところがある。

一般の戌年生まれの人の大きな特徴

戌年生まれの人はとても正直で責任感の強い人が多いようです。

感情豊かで人とのふれあいが大好きです。

◯長所

戌年生まれの人は正直で責任感が強くとても頼りになります。

仲良くなった人には忠誠心をもちます。

困難な頼み事をしても何とかやり遂げてくれる。

◯短所

強情なところがある。

特定の人にはとても良いのですが、 自分があまり好きでない人には コミュニケーションを取ろうとしない。

口数が多く的を得た発言をするので 、思わぬところで人を傷つける時がある。

スポンサーリンク

人間関係は

人懐っこく世話好きなので、好感が持たれ人が集まる。

親しくなりすぎると、調子に乗りやすいので気をつけなければならない。

仕事にはどのような影響があるのか?

忠誠心があり、責任感も強いのでどんな仕事をしても最後までやり遂げる。

調子に乗りやすいので気をつける。

イヌの四文字熟語

「犬猿之仲」(けんえんのなか)

非常に仲が悪いということ。

同じような意味で水と油があり、決して交わらないという意味。

「蜀犬吠日」(しょくけんはいじつ)

知識のない人が、優れた人の言動を理解できず、その人の言動をむやみに批判する。

見識の狭いものが何でもやたらと珍しがったり驚いたりすることをいう場合もある。

「越犬吠雪」(えつけんはいせつ)

雪がめったに降らない地域の犬は雪を見ると吠え立てるという逸話が由来です。

無知であると当たり前のことでも疑いを抱いてしまうということ。

「 驢鳴犬吠」(ろめいけんぱい)

驢(ろば)が鳴いたり、 犬が吠えたりしても、 耳を傾けるほどのこともない、
たいしたことではないことを意味します。

「鷹犬之才」(ようけんのさい)

狩猟をするとき主人の言う通りに行動する鷹や犬をたとえにとって、自分が手先に使って役に立つ才能の持ち主のことをいいます。

「犬馬之心」 (けんばのこころ)

犬や馬が飼い主に示す忠誠心ということから。

主君への忠誠心のことをいい自分自身の忠誠心を謙遜していう言葉になります。

「犬馬之労 」(けんばのろう)

主君に対する労力を惜しまないことを謙遜して言う時の表現です。

「犬馬之養」(けんばのよう)

両親を敬う気持ちがなく物質面だけで養うという意味で、敬愛や思いやりがないことをいいます。

まとめ

四文字熟語でも、主君に対する忠誠心を強調したり、自分に関連することを謙遜していったりするときのたとえとして用いられています。

人の先頭に立ってというより、一歩引いて人を支える立場にあるようですね。

戌年の人は忠誠心が強く、人を裏切ることがないので信頼して付き合えますね。

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

■次回の記事はこちらから

十二支の中の亥年生まれの人の性格とは? 四文字熟語で昔からそれぞれの干支動物をどのように見てきたかわかる!!コロナウイルスについての愚痴少々。

■前回の記事はこちらから

十二支の中の酉年生まれの人の性格とは? 四文字熟語で昔からそれぞれの動物をどのように見てきたかわかる!

スポンサーリンク