十二支の中の酉年生まれの人の性格とは? 四文字熟語で昔からそれぞれの干支動物をどのように見てきたかわかる!!

十二支の中の酉年生まれの人の性格とは? 四文字熟語で昔からそれぞれの干支動物をどのように見てきたかわかる!!

リンクユニット 本文上




おはようございます。

新型コロナウイルスのための他県への移動規制は解けましたが、東京のほうから感染者が出てしまいました。

今まで他県ではあまり出ていませんでしたが、2020年7月9日現在 では、他の県でもボツボツ感染者が出てきました。

北海道(4人)
宮城(1人)
茨城(1人)
栃木(2人)
埼玉(48人)
千葉(9人)
東京(75人)
神奈川(23人)
新潟(1人)
静岡(1人)
愛知(2人)
滋賀(1人)
京都(2人)
大阪(10人)
兵庫(3人)
奈良(2人)
福岡(13人)
鹿児島(3人)
沖縄(2人)

恐ろしくて残念なことになっています。

一人一人の心がけ次第です。

ワクチンができるまで、できるだけ自粛して頑張りましょう!!

外出する時マスクをして、外出から帰ってきたら手洗いをする。

もう習慣になりましたか?

まだ、安全でないので県外への移動はしないつもりなので、干支の動物について考えてみました。

今回の記事では、酉年生まれの人について記載しています。

■前回の記事はこちらから↓

十二支の中の申年生まれの人の性格とは? 四文字熟語で昔からそれぞれの動物をどのように見てきたかわかる!

スポンサーリンク

十二支は前回の記事と同じですが、記載しておきます。

「子(ね)、丑(うし)、寅(とら)、卯(う)、辰(たつ)、巳(み)、午(うま)、未(ひつじ)、申(さる)、酉(とり)、戌(いぬ)、亥(い)」の12文字のことを十二支(じゅうにし)といいます。

この十二支は中国で暦・時間・方角などを表すために使われ始めました。

性格とは

人の性格とは誰一人として同じ性格の人はいませんね。

人の性格は、生まれつきのものや育った生活環境などにより作り上げられていきます。

私の書道教室に通ってくださっている生徒さんを見ていると、生まれた時の干支が同じであれば性格が違っているように見えても根本の性格は同じです。

とても興味深い現象です。

エト(干支)とは

伊勢神宮の鈴の干支です。十二支を一巡すると次の12年間は持ち物が変わります。

酉年生まれの人の守り本尊は不動明王さまです。

詳しくはこちらの記事からも見ていただけます。

あなた独自の呪文もありますよ~↓

あなたの干支と生まれた月で独自の梵字・守護本尊・真言(呪文)があるのを知ってますか?強力な力であなたを災難から守り幸福へと導く!!すぐ探しましょう!!

太陽神の使い鶏は、朝の訪れを告げる霊長として、古来崇められてきました。

丑の刻(午前2時頃)に鳴くのを一番鶏、寅の刻(午前4時頃)に鳴くのを2番鶏といいます。

神聖な鳥であることから、古くは食べることも禁じられていました。

日本神話においても常世長鳴鳥(とこよのながなきどり)として登場しています。

天岩戸に隠れてしまった天照大神を呼び戻すことに活躍しました。

この故事により、鶏は天照大御神の使いであると考えられるようになりました。

伊勢神宮では境内に鶏が放し飼いされています。

伊勢神宮(三重)、谷保天満宮(東京)、鷲宮神社(埼玉)、高良大社(福岡)
などで会えます。

主なご利益は、五穀豊穣、招福、健康長寿。

伊勢神宮(三重)

ニワトリは天照大神の使い「神鶏」と崇められています。

伊勢神宮の境内では放し飼いです。

私が撮ったものですが、伊勢神宮の大杉に神様が映し出されている写真があります。

お顔も体もしっかり映し出されています。

ちょっとビックリしますよ~( ゚Д゚)

その記事はこちらから見ることができます↓

なんと! 伊勢神宮の大杉に身震いするほど神秘的で不思議な現象!キラキラと天照大御神さま降臨~! それとは別に身の毛もよだつ怖いことが・・・?!

ニワトリは奉納されたもので、飼育管理はされておらず、時々小動物による被害を受けています。

谷保天満宮(東京)

天満宮の神使といえばウシが有名ですが、谷保天満宮のはウシに加えてニワトリもいます。

獅子頭の面に鳥の羽を使用するために様々な鳥を飼い始めたのがきっかけとのことです。

鷲宮神社(埼玉)

鷲宮神社の境内では鶏の彫刻が施された「金灯篭」(かなどうろう)を見ることができます。

鷲宮神社が「お酉様」 の本社であることにちなむと言われています。

十二支10番目、酉年生まれの性格とは

我が教室の酉年の生徒さんの特徴は?

優しく涙もろいのですが、喜怒哀楽が激しく胸の内はいつも不満だらけ。

いつも誰かと揉め事を起こしているようです。

私には揉め事が好きなように思えてしまいます。

自分の気に入らないことがあると、そのことばかり考えていて自分自身でストレスを作っています。

一般の酉年生まれの人の大きな特徴 は?

頭の回転の速い人が多くいます。

物事を計画的に進めていくのが上手です。

思ったことはすぐ口に出してしまうことがあるので、気づかぬところで敵を作ってしまいます。

せっかちな面があるので損をしています。

◯長所

頭の回転が速く、直感力や推理力が優れている。

情緒豊かでロマンチストが多いです。

行動的で知性的、センスが良い。

◯短所

頭が良く負けず嫌いの人が多いため少し生意気に見えてしまいます。

敏感に反応して判断するため早合点 してしまう。

スポンサーリンク

仕事にはどのような影響があるのか?

酉年の人は計画的に仕事をこなせますが、せっかちで判断を早くするため 早合点をして損をしてしまうことがあります。

俊敏なところが欠点になってしまうこともあります。

気を付けてくださいね~(^_^)

トリのことわざや四文字熟語

「鶏鳴狗盗」(けいめいくとう)

鶏の鳴き真似をして人を欺いたり、犬のように忍び込んで物を盗むことしか出来ないつまらない者のことをいいます。

もう一つ、つまらない人物でも特殊な技能を持っていると使い方によっては役立つという意味も持っています 。

「鶏犬相聞」(けいけんそうもん)

鶏や犬の鳴き声があちこちから聞こえてくるのどかな田園風景のことをいいます。

「鶏犬不寧」(けいけんふねい)

事態が非常に緊迫した状況で心が落ち着かないことのたとえ。

「鶏口牛後」(けいこうぎゅうご)

巨大な集団や組織の末端にいるより、小さくてもいいから、その長であったほうがましということ。

「牛刀割鶏」(ぎゅうとうかっけい)

体の大きさの違う鶏と牛をたとえにして、小さな物事をさばくのに、大げさの方法や手段などは必要ないということ。

「鶏群一鶴」(けいぐんいっかく)

鶏の群れの中に一羽の鶴が混じっているということから、多くの凡人の中に一等抜きん出て優れたものがいるということ。

まとめ

やはり、トリというとパタパタしているイメージがありますね。

せっかちは損をします、気を付けなければなりません。

頭の回転が速く判断が速すぎて、失敗することが多いので、ゆっくり考えることをすれば酉年さんの良さが発揮できるのではないでしょうか。

四文字熟語ではあまりいいイメージがありませんでしたね(-_-;)

ガッカリせずに、頭がいいのを生かして、計画的に物事を進め、せっかちにならないように心がければ何事もうまくいきこと間違いないですね。

頑張ってくださいヽ(^o^)丿

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

■次回の記事はこちらから

十二支の中の戌年生まれの人の性格とは? 四文字熟語で昔からそれぞれの干支動物をどのように見てきたかわかる!!

■前回の記事はこちらから↓

十二支の中の申年生まれの人の性格とは? 四文字熟語で昔からそれぞれの動物をどのように見てきたかわかる!

スポンサーリンク