十二支の中の羊年生まれの人の性格とは? 四文字熟語で昔からそれぞれの干支動物をどのように見てきたかわかる!!

十二支の中の未年生まれの人の性格とは? 四文字熟語で昔からそれぞれの干支動物をどのように見てきたかわかる!!

リンクユニット 本文上




おはようございます。

新型コロナウイルスのための他県への移動規制は解けましたが、東京ではコロナ感染者の人数が増えています。

2020年6月29日の時点で、 北海道(17人)、宮城(1人)、茨城(1人)、栃木(5人)、埼玉(8人)
千葉(3人)、東京(60人)、神奈川(10人)、京都(1人)、大阪(5人) の方が感染したと発表されています。

経済は発展させなければいけない、コロナは抑えたい!!

相反することをしなければいけないので 、大変ですね。

他県の神社仏閣に行きたいのですが、コロナウイルスのことを考えると、二の足を踏んでしまいます。

早くワクチンができて欲しいですね。

マスク、手洗いを忘れないように(^_^)

今回の記事では、(未)年生まれの人について記載しています。

■前回の記事はこちらから

十二支の中の午年生まれの人の性格とは? 四文字熟語で昔からそれぞれの干支動物をどのように見てきたかわかる!

スポンサーリンク

十二支は前回の記事と同じですが、記載しておきます。

(ね)、(うし)、(とら)、(う)、(たつ)、(み)、(うま)、(ひつじ)、(さる)、(とり)、(いぬ)、(い)」の12文字のことを十二支(じゅうにし)といいます。

この十二支は中国で暦・時間・方角などを表すために使われ始めました。

人の性格とは誰一人として同じ性格の人はいませんね。

人の性格は、生まれつきのものや育った生活環境などにより作り上げられていきます。

私の書道教室に通ってくださっている生徒さんを見ていると、生まれた時の干支が同じであれば性格が違っているように見えても根本の性格は同じです。

とても興味深い現象です。

ヒツジ(未)とは

未年生まれの人の守り本尊は大日如来さまです。

詳しくはこちらの記事からも見ていただけます。↓

あなたの干支と生まれた月で独自の梵字・守護本尊・真言(呪文)があるのを知ってますか?強力な力であなたを災難から守り幸福へと導く!!すぐ探しましょう!!

もともとヒツジは、日本には生息していませんでした。

初めて 渡来したのは、599年といわれています。

しかし日本の環境には馴染まず、繁殖しませんでした。

そのためヒツジは信仰の対象とはならなかったのですが、羊神社(愛知)の境内には狛ヒツジが安置されています。

これは、羊神社を創建した羊太夫(ひつじだゆう)という人物に由来するものです。

羊太夫は土地の人々が安穏とした生活を送れるよう、火之迦具土神(ひのかぐつちのかみ)を祀る屋代を建立しました。

それがいつしか羊神社と呼ばれるようになったと伝わっています。

羊神社(愛知)、有明山神社(長野)、稲尾神社(神奈川)で会えます。

ご利益は 火災除け、産業振興

羊神社(愛知)

火事除けのご利益で知られる羊神社では、 愛らしい狛ヒツジが出迎えてくれます。

親子が仲良く寄り添っている姿から、家庭円満のご利益があると言われています。

手水舎にも、 ヒツジの像の口から水が出る仕組みとなっています。

有明山神社(長野)

山門の周囲の上部に十二支が彫られています。

1902年に日光東照宮の陽明門に模して建てられたもので、家庭円満の象徴である羊の親子が浮き彫りされています。

稲尾神社(神奈川)

1986年に境内が整備された際、 樹齢千年といわれるご神木の周囲に十二支のブロンズ像が置かれました。

自分の生まれ年の像を起点としてご神木をまわり、最後にその像に願い事をすると叶うと言われています。

虚空蔵法隆寺(京都)など虚空菩薩像を祀る寺院の境内でも、羊像を見ることができます。

経典に、ヒツジを使いとする旨が記されていることにちなむといわれています。

十二支の8番目、未年生まれの性格とは

伊勢神宮の鈴の干支です。12支一巡すると持ち物が変わります。

我が教室の午年の生徒さんの特徴は?

何をしても器用にこなします。

しかし、何をしても力の半分しか発揮できない。

かなり運に見放されている感じがします。

良い運に波動が合えば、恐ろしいくらいの力が発揮できること間違いないです。

楽しみな生徒さんです。

早く来てあげて~~~幸運さんヽ(^o^)丿

一般の未年生まれの人の大きな特徴

未年生まれの人は人当たりの良い人が多いです 。

臆病なので言わなければいけないことも言えないことがあります。

おとなしく温和な性格ですが、芯はとても強いです 。

◯長所

人間関係をうまく作れる人です。

平和主義者なので、自己主張を控え、喧嘩や論争などはせず、人の意見 などに合わせます。

そのため 敵が少なく、友人に恵まれます。

◯短所

臆病なので、言わなければいけないことも言えない。

強情なところもあるので、自分の欠点を認めない。

地道に勉強を続け我慢強いのですが、自分の成果が認められると自信過剰になりすぎるところがあります。

スポンサーリンク

仕事にはどのような影響があるのか?

人柄はとても良いのですが、迷うことが多く決断性に欠けるところがあります。

仕事に対してもやる気がないように見えてしまうので、行動力、決断力が欲しいです。

ヒツジのことわざや四文字熟語

私は、羊といえばすぐにウール製品を連想します。

しかし、当初は食用として肉や乳が利用されていたようです。

羊の肉は、キリスト教徒はもちろん、 豚肉を食べないイスラム教徒や、牛肉を食べないヒンドゥー教徒も食べて良い事になっているので食肉としてかなり利用されていました。

「羊頭狗肉」(ようとうくにく)

羊の頭を看板にかけながら、実際は犬の肉を売るということから見せかけは立派だが実際は粗悪な物を売る。

実質が伴わないことをたとえていいます。

「岐路亡羊」(きろぼうよう)

「岐路」分かれ道が多いこと。

「亡羊」羊に逃げ切られること。

ひつじが逃げ出し、大勢の人で追いかけましたが分かれ道が多く逃げられてしまったということ。

選択肢が多く、どれを選んだらよいか途方に暮れるさまをたとえています 。

「多岐亡羊」(たきぼうよう)

逃げた羊を追っていたけれど道がいくつにも分かれていたので羊を見失ってしまったという古事熟語からで 「学問の道が多方面に分かれていて、真理を見出せない状態」をいいます。

今では方針が多すぎて選択に迷うような状態を意味するようになりました。

「亡羊補牢」(ぼうようほろう)

「牢」とは囲いのことで羊が逃げてから囲いの補修をするという意味で、失敗してから慌てて改善する どういうこと。

後手に回ってしまったことをいいます。

「十羊九牧」(じゅうようきゅうぼく)

十頭の羊に9人の羊飼いという意味から、人民の数に対して役人が多すぎることのたとえ。

「羊質虎皮」(ようしつこひ)

羊に虎の皮を被せるという意味から、外見は立派だが中身が伴わないことのたとえ。

「 羊腸小径」(ようちょうしょうけい)

羊の腸は、体長の20倍にも達するほどの長さがあります。

小さな体に収納するためには、どうしても幾重にも曲がったものになってしまいます。

そのため「 羊腸」は、 曲がりくねったものをたとえていいます。

「径」は道のことで、 羊の腸のような道という意味から、曲がりくねっている山道や小道のことをいいます。

まとめ

四文字熟語では、迷いとか、牧畜に関することが多いですね。

印象としては、積極的ではなくで消極的で受動的です。

羊年さんの、性格が熟語でもわかりますね。

未年の人は人に合わせるのが上手で、勤勉で粘り強いところがあ ります。

人間関係もうまくこなします。

あとは、決断力と行動力が伴うと良いのではないのでしょうか。

私の感想としては、ヒツジ年の人は表に見えている感じと内面はかなり違うように思います。

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

■次回の記事はこちらから

十二支の中の申年生まれの人の性格とは? 四文字熟語で昔からそれぞれの干支動物をどのように見てきたかわかる!!

■前回の記事はこちらから

十二支の中の午年生まれの人の性格とは? 四文字熟語で昔からそれぞれの干支動物をどのように見てきたかわかる!

スポンサーリンク