十二支の中の巳(ミ)年生まれの人の性格とは? 四文字熟語で昔からそれぞれの動物をどのように見てきたかわかる!

十二支の中の巳(ミ)年生まれの人の性格とは? 四文字熟語で昔からそれぞれの動物をどのように見てきたかわかる!

リンクユニット 本文上




熱田神宮の空海さんが植えたとされる。この中に白蛇が棲んでいて、見ることが出来ると縁起がいい。

熱田神宮の記事はこちらから↓

熱田神宮のご利益やパワースポットの効率の良い回り方、駐車場、御朱印。 空海さんが植えた大楠のしめ縄の取り換えに遭遇!お昼には、名物のひつまぶし。

おはようございます。

他県への自粛が解けましたヽ(^o^)丿

大丈夫かな~?(-_-;)

私は少し心配していますが、あなたはどのように思われますか?

神社仏閣ではおしゃべりなどはしないので、他の観光地と比べると安心ですが、私はもうすこし様子をみて参拝に行くことにします。

今回の記事では、巳年生まれの人について記載しています。

私は書道教室をしていますが、生徒さんの生まれ年が同じであれば必ず性格に共通点があります。

とても、興味深い現象です。

■前回の記事はこちらから

十二支の中の辰(タツ)年生まれの人の性格とは? 四文字熟語で昔からそれぞれの動物をどのように見てきたかわかる!!

スポンサーリンク

十二支は前回の記事と同じですが、記載しておきます。

「子(ね)、丑(うし)、寅(とら)、卯(う)、辰(たつ)、巳(み)、午(うま)、未(ひつじ)、申(さる)、酉(とり)、戌(いぬ)、亥(い)」の12文字のことを十二支(じゅうにし)といいます。

この十二支は中国で暦・時間・方角などを表すために使われ始めました。

性格とは

人の性格とは誰一人として同じ性格の人はいません。

人の性格は、生まれつきのものや育った生活環境などにより作り上げられていきます。

私の書道教室に通ってくださっている生徒さんを見ていると、生まれた時の干支が同じであれば性格が違っているように見えても根本の性格は同じです。

とても興味深い現象です。

相手の内面がもわかると、いろいろ楽しいですね(^_^)

巳(み)年生まれの人とは。

巳年の守り本尊は普賢菩薩さまです。

守り本尊の詳しい記事はこちらから↓

あなたの干支と生まれた月で独自の梵字・守護本尊・真言(呪文)があるのを知ってますか?強力な力であなたを災難から守り幸福へと導く!!すぐ探しましょう!!

ヘビは古来、信仰の対象として敬われてきました。

冬に地中へ姿を消し、春の訪れと共に地上に現れる習性が 「生命力の再生」を象徴すると捉えられたためです。

また、 湖沼や河川の水面を素早く移動する姿からも、特別な霊力を有すると考えられました 。

これにより、人々は蛇を田の神、水の神と崇めるようになったといわれています。

大神神社(奈良)、上神明天祖神社(東京)、江島杉山神社(東京)などで会えます

おもなご利益は、五穀豊穣、雨乞い、心願成就など。

大神神社では、巳の神杉、手水舎のヘビ像など、いたるところで蛇にゆかりのあるものを見ることができます。

ヘビ様がいらっしゃるところです。お供え物でいっぱいです。

これは、祭神・大物主神が日本神話で蛇体として描かれていることに由来します。

大神神社の詳しい記事はこちらから見ることが出来ます。↓

奈良のパワースポット大神神社は謎と神話に満ちた最古の神社、縁結びや金運にご利益あり。  そして、そうめんの発祥地(三輪そうめん)で有名。御朱印・無料駐車場

上神明天祖神社では、白蛇を神の化身であるとして崇めています。

撫で白蛇があります。

金運と幸福を象徴する宝珠を、オスとメスの白蛇が包み込んでいます。

白蛇像を撫でると 、願いが叶うと言われています。

江島杉山神社などでは、人頭蛇身形をした 不思議な宇賀神像を見ることができます。

宇賀神は宇迦之御魂神と同神であるといわれ、食物を司る神とされています 。

巳年は、お金に困らないというイメージがありますね。

ヘビの抜け殻をお財布に入れるといいとか?

生きているヘビは気持ち悪いのに、抜け殻はありがたがってお財布に入れて持ち歩くとは~不思議!!

十二支の六番目、巳年生まれの性格とは

伊勢神宮の鈴の干支です。

巳年生まれの人の特徴は、気位が高く何事にも用意周到で 行動力がありリーダーシップをとれる人が多いです。

そして、金運に恵まれています。

我が教室の巳年生まれの生徒さんの特徴は?

おとなしく、話すときは小さな声で、立ち居振る舞いも上品です。

自分は自分、他人は他人、という感じで人に左右されません。

高校、大学受験などもバタバタすることなく推薦でゆったり合格しています。

とても頭がよく強運の持ち主です。

◯長所

自分の主張よりも、まず人の話に耳を傾けます。

とても聞き上手なため、その場の状況をしっかり見極め判断も迅速で的確です。

行動力もあり、人から信頼されます。

頭も良くリーダー的存在になります。

◯短所

物事を綿密に考えるあまり、理屈っぽくなってしまいます。

気位が高く上品な感じがします、その為、初めての人には冷たく感じてしまうところがあるようです。

スポンサーリンク

仕事にはどのような影響があるのか?

仕事はてきぱきとして、リーダーとして活躍できる力を持っています。

負けず嫌いのため、仕事を途中で投げ出すことはなく、最後まで責任を持ちます。

人への協力も惜しみなくするため信用を勝ち取りますが、一つ間違うと手がつけられないほどひねくれてしまいます。

この点を注意しなければなりませんね。

ヘビのことわざや四文字熟語

蛇は不思議な生き物ですね。

陸上動物なのに足がなく魚と同じような鱗があります。

生息する場所は地上だけではなく樹の上や水辺 どこの場所でも生きていくことができます。

その形からあまり好まれていないですが、 おとなしく自衛の時以外は 自分から襲うことはしません。

むしろ農作物に被害を与えるネズミなどを 食べてくれています。

とても良いヘビ様なのですが、その姿から気味悪がられ損をしていますね。

人間も同じですね。

賢く気の利く人でもおブスさんは損しますね。

ヘビ様の四文字熟語はどんなのがあるのでしょうか。

「画蛇添足」(がだてんそく)蛇を描きて足を添う

余計なことや無駄なことをするという意味で略して「蛇足」(だそく)といいます。

蛇足の方が馴染み深いですね。

「蜿蜒長蛇」( えんえんちょうだ)

くねくねと曲がりながらず~っと続いている様子のことをいいます。

「長蛇の列」などといいますね。

長蛇の列はうんざりですが、美味しい物の所の長蛇の列はワクワクです。

「涸沢之蛇」(こたくのへび)

お互いが利用し合い、どちらも利益を得るということ。

「杯中蛇影」(はいちゅうだえい)

後漢末、長官をしていた上司の家に部下が行ったとき、お酒を出されましたが部下は杯の中に蛇の姿を見てしまいました。

上司から勧められたので飲まないと悪いと思い飲み干しましたが、蛇の姿が忘れられず、その後体の調子が悪くなりました。

その様子を聞いた上司が、 石弓(いしゆみ)が杯に映ったのだと気づき、今度は部下を自宅に招待してお酒をふるまったところ、またその杯に蛇が映りました。

上司は石弓が杯の中に映っていることを説明しました。

その後、部下の体調は早期回復したということです。

病は気からということですね、なんでもないことを悩んでいるとダメということです。

相談する相手がいれば、相談している間に、大した悩みでないのに気づくことが多いです。

ヘビの四文字熟語はまだまだたくさんありますが、わかりやすく馴染みのあるものを取り上げました。

まとめ

巳年の人は何事にも準備万端にして、落ち度がなく完璧。

しかし、用意周到で落ち度がないため、凛として上品であるが冷たい印象を受けます。

人の話に耳を傾け、話をしっかり理解するので、その場のリーダーとしての力を発揮します。

四文字熟語にするとあまりいい印象がないのが残念ですね。

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

■次回の記事はこちらから

十二支の中の午(ウマ)年生まれの人の性格とは? 四文字熟語で昔からそれぞれの動物をどのように見てきたかわかる!!

■前回の記事はこちらから

十二支の中の辰(タツ)年生まれの人の性格とは? 四文字熟語で昔からそれぞれの動物をどのように見てきたかわかる!!

スポンサーリンク