十二支の中の卯(ウサギ)年生まれの人の性格とは? 四文字熟語で昔からそれぞれの動物をどのように見てきたかわかる!!

十二支の中の卯(ウサギ)年生まれの人の性格とは? 四文字熟語で昔からそれぞれの動物をどのように見てきたかわかる!!

リンクユニット 本文上




おはようございます。

新型コロナウイルスのための外出規制は解けましたが、しばらくは神社仏閣に参拝に行くことを自粛したいと思っています。

お買い物に行く時も気持ちを緩めず、マスクを忘れず、お買い物から帰ってきたら、すぐ手を洗いをする習慣をつけないとね。

神社に参拝に行けないので、干支の動物について考えてみました。

私は書道教室をしていますが、生徒さんの生まれ年が同じであれば必ず性格に共通点があります。

今回の記事では、卯年生まれの人について記載しています。

■前回の記事はこちらから

十二支の中の寅(トラ)年生まれの人の性格とは? 四文字熟語で昔からそれぞれの動物をどのように見てきたかわかる。

スポンサーリンク

十二支は前回の記事と同じですが、記載しておきます。

「子(ね)、丑(うし)、寅(とら)、卯(う)、辰(たつ)、巳(み)、午(うま)、未(ひつじ)、申(さる)、酉(とり)、戌(いぬ)、亥(い)」の12文字のことを十二支(じゅうにし)といいます。

この十二支は中国で暦・時間・方角などを表すために使われ始めました。

性格とは

人の性格とは誰一人として同じ性格の人はいませんね。

人の性格は、生まれつきのものや育った生活環境などにより作り上げられていきます。

私の書道教室に通ってくださっている生徒さんを見ていると、生まれた時の干支が同じであれば性格が違っているように見えても根本の性格は同じです。

とても興味深い現象です。

ウサギ(卯)とは

伊勢神宮の鈴干支です。12支が一巡すると持ち物が変わります。

卯年の守り本尊は文殊菩薩さまです。

古来、うさぎは吉兆をもたらす瑞獣(ずいじゅう)と信仰されてきました。

また、長い耳、後ろ足で飛び回る俊敏性、夏は茶褐色、冬は白毛に生え変わる神秘性などから、古代日本人はうさぎを聖獣として捉えるようになったといわれています。

日本神話によると、大国主神はワニザメに騙されて皮を剥がされた白兎を助けました。

これが縁となり、うさぎは大国主神の使いと考えられるようになりました。

白兔神社(鳥取)、調神社(埼玉)、住吉大社(大阪) 大神神社(奈良)で会えます。

主なご利益は、縁結び、招福、子孫繁栄など。

「白兔神社」では、祭神・大国主神にちなみ、ウサギを神使としています。

日本神話において、ウサギは大国主神と八上比売(やがみひめ)を結びつけています。

それにあやかり、うさぎ像に結び石を置いて願掛けをすると、縁結びのご利益が得られるとされています。

古来、月にはウサギが棲むと信じられていたため、月待信仰と結びつきのある神社ではうさぎを神使として崇めています。

住吉大神の加護を受けて 新羅を征討した神功皇后が、住吉に大神を祀ったのが住吉大神(大阪)の由来とされています。

その日が神功皇后 摂政11年辛卯年(かのとうのとし)卯月卯日であったことからウサギが住吉大社の神使になったといわれています。

「住吉大社」には、なでて招福を祈願する「翡翠のなで兎」像や、手水社の水口のウサギ像などがあります。

「大神神社」の撫で兎は金運アップや縁結びにご利益があります。

大神神社に記事はこちらに記載しています。↓

十二支の四番目、ウサギ年生まれの性格とは

我が教室の卯年の生徒さんは?

とてもしっかりしていて頭脳明晰です。

頑固に見えるところがあるので少し損をしてしまいそうです。

書道では、 ふっくらとした 穏やかな 線質で書きます。

内面は穏やかで優しいということがわかります。

では一般にうさぎ年の人はどのような特徴を持っているのでしょうか ?

卯年生まれの人の大きな特徴

柔和な性格をしており、愛嬌もあって、人を楽しませることが好きなため 、人に好かれます。

積極的に人と関わっていこうとするため交友関係が広い人が多いです。

頭も良く、器用で凝り性な性格なのですが、難しいことに直面するとすぐ諦めてしまうという欠点があります。

◯長所

頭も良く柔和で愛嬌がある 。

争いごとが嫌いなので、敵もいつのまにか味方にしてしまう。

清潔好きで整理整頓も上手で 、服装なども常に清潔感を感じさせます。

趣味が広く芸事などは 器用にこなします。

愛情深く神経がこまやかです。

◯短所

凝り性で器用なのですが、他のことに興味が移りやすい。

その為、一つのことを究めることなく器用貧乏に終わってしまうことが多い。

頼まれごとは嫌と言えない。

仕事にはどのような影響があるのか?

探究心が旺盛でとても良いのですが、 なかなか結果が出ない時は方向転換をしてしまうので気を付けなければいけない。

迷いがちな性格なのでに転職を考えやすい。

一つのことをコツコツして達成することが大切ですね。

ウサギのことわざや四文字熟語

「狡兎良狗」(こうとりょうく)
「狡兎」は素早いウサギのこと、「良狗」は優れた猟犬のことで、獲物であるすばしこいウサギが死んでいなくなると 猟犬は不要になり煮て食われるということ。

役に立つ間は重宝がられますが用が済めば追い払われたり殺されたりするというたとえ。

「見兎放狗」(けんとほうく)

うさぎを見ていぬを放つということで、何か事が起こってから対策をしても十分に間に合うことをたとえています。

「脱兎之勢」 (だっとのいきおい)

「脱兎」とは全力で逃げ出すウサギのことで非常に素早いことのたとえです。

これは初めは弱々しく見せかけておいて、後で勢いよく攻めかかることをいいます。

ウサギの素早さをいっていますね。

「犬兎之争」(けんとのあらそい)

無益な戦いのことをいっています。

あるとき、犬がウサギを捕まえようと追いかけ回しましたが、力が同じなので両方が力尽きて倒れてしまったということ。

また、通りがかった農夫が思いがけずウサギと犬の両方を手に入れたことから、 関係のない第三者が思いがけない利益を得ると 意味。

「烏兎匆匆」 (うとそうそう)

月日が慌ただしく過ぎ去ることを意味します。

ここでも、早いということがたとえられていますね。

「鳶目兎耳」(えんもくとじ)

うさぎの特徴である良い耳を例えた熟語です。

トビ(鳶)の持っている遠くのものまでしっかり見える目と、 ウサギのもっている、小さなことまでよく聞こえる耳のことをいい、 そこから、観察力や情報収集能力に優れていることをたとえていいます。

「狡兎三窟」(こうとさんくつ)

素早いウサギであるけれど、三つの隠れ穴を持っているということから、用心深いことをたとえていっています。

まとめ

四文字熟語からウサギのイメージは、攻撃を仕掛けるというよりは、用心深く 素早く逃げるという印象が受けられますね。

やはり、戦うことが好きではないということでしょうね。

穏やかで、優しく従順であり、敵を作らないというのが大きな特徴ですね。

ウサギさんはとてもいいイメージが持たれていますね。

卯年の皆さんおめでとうございますヽ(^o^)丿

ちなみに、私の干支はウサギです(^_^)

良かった~ヽ(^o^)丿

あなたのお役に立てましたら幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました.

■次回の記事はこちらから

スポンサーリンク