十二支の中の寅(トラ)年生まれの人の性格とは? 四文字熟語でも昔からそれぞれの動物をどのように見てきたかわかります。

十二支の中の寅(トラ)年生まれの人の性格とは? 四文字熟語で昔からそれぞれの動物をどのように見てきたかわかる。

リンクユニット 本文上




おはようございます。

神社仏閣に行くのが好きな私ですが、今は新型コロナウイルス流行のために残念ながら参拝に行くことができません。

でも、地域により少しづつコロナウイルスによる緊急事態宣言が解除されています。

気持ちを緩めず、慎重に行動をしていきたいですね。

私は書道教室をしていますが、生徒さんの生まれ年に興味深いものを見つけました。

今回の記事では、寅年生まれの人について記載しています。

■前回の記事はこちらから

十二支の中のウシ年生まれの人の性格とは? 四文字熟語で昔からそれぞれの動物をどのように見ていたかわかる、ウシ年は?

スポンサーリンク

十二支は前回の記事と同じですが、記載しておきます。

(ね)、(うし)、(とら)、(う)、(たつ)、(み)、(うま)、(ひつじ)、(さる)、(とり)、(いぬ)、(い)」の12文字のことを十二支(じゅうにし)といいます。

この十二支は中国で暦・時間・方角などを表すために使われ始めました。

性格とは

人の性格とは誰一人として同じ性格の人はいませんね。

人の性格は、生まれつきのものや育った生活環境などにより作り上げられていきます。

私の書道教室に通ってくださっている生徒さんを見ていると、生まれた時の干支が同じであれば性格が違っているように見えても根本の性格は同じです。

とても興味深い現象です。

寅年とは。

伊勢神宮のものです。十二支が一巡すると持ち物が変わります。

寅年の守り本尊は虚空菩薩さまです。

詳しくはこの記事に記載しています↓

トラは仏教の四天王の一つである毘沙門天の使いであると考えられていました。

その昔、毘沙門天が聖徳太子の戦の手助けをしたときの時刻が寅年、寅日、寅の刻だったことからいわれている。

そして、「白虎」(びゃっこ)が四神の一つとして西を守っています

主なご利益は、家内安全、子育て、病気平癒です。

祀られている神社は、秩父神社(埼玉)、大江神社(大阪)、少彦名神社(大阪)

秩父神社(埼玉)の拝殿には、江戸時代初期の名工・左甚五郎作「子宝 子育ての虎」と呼ばれる見事な彫刻が施されています。

彫刻のなかで、なぜか母トラだけがヒョウ柄に表であらわされています。

不思議ですね。

これは、狩野派の様式であるといい、当時メスのトラはヒョウであるとされていたことにあると伝わっています。

少彦名神社(すくなひこなじんじゃ)で毎年11月22日、23日に行われる神農祭では、江戸時代に由来する張子の虎が頒布されます。

大阪でコレラが流行した際に、トラの頭蓋骨を砕いてつくった丸薬と張り子の虎のお守りを参拝者に配ったところ効果があったとい割れています。

その為、張子の虎は無病息災、病気平癒のお守りとして信仰を集めています。

十二支の三番目、寅年生まれの性格とは

我が教室の寅年の生徒さんは?

今までに見てきた寅年の生徒さん達はとてもしっかりしています。

人に対して負けず嫌いというよりは、自分に負けない強さを持っています。

書道でも、安定した字を書き丁寧で線もブレません。

とても勉強熱心で人の倍以上は練習します。

心も安定しています。

しかし、友達とのトラブルがあると1年以上は悩み続けます。

う~ん、ここだけが寅年さんの残念なところ
(-_-;)

一般的には、寅年生まれの人はとても慎重で臆病なところがあります。

しかし、決断してからは実行に移すのは素早いです。

華やかでその場を明るくする存在です。

大きな存在感があります。

自分を良く見せたいために、実際より大きなことを言ってしまうことがあるようです。

◯長所

慎重で臆病なため、確実に見通しがつくまでは行動に移しません。

その為、失敗することがあまりありません。

◯短所

何を考えているのかわかりにくい雰囲気を持っている人が多いです。

話し方が下手で損をしてしまいます。

考えすぎて、小さいことにクヨクヨしてしまいます。

完璧主義すぎて、行動を起こしても時間がかかってしまいます。

仕事にはどのような影響があるのか?

慎重すぎて、そのうえ規則を重んじるところがあるので周りはとっても窮屈な思いをします。

寅年の人とは仕事がやりにくいということですね。

自分に厳しく、他人にも厳しいので孤独になりやすいです。

このタイプの上司は部下に嫌われる人が多いようです。

スポンサーリンク

トラのことわざや四文字熟語

昔話にトラがキツネに騙された話があります。

キツネがトラに捕まえられて食べられそうになるのですが、食べられては大変とトラに嘘をいいました。

「私は、天帝から百獣の王に任命されていますから、食べては罰せられますよ。その証拠に私はみんなに恐れられているのです。 嘘と思うのなら、私の後についてきてください」といって、トラの前を歩きました。

本当に、恐れてみんな逃げてしまいました。

トラは、ビックリして本当にしてしまいました。

実は、トラがキツネの後ろにいたからみんなは逃げたということなのに、トラは気づきませんでした。

キツネさん賢いですね。

このことをいった四文字熟語があります。

「弧仮虎威」(こかこい)

権力のあるものの威力を借りて自分勝手に振舞う例えをいいます。

わが国では「虎の威を借りる」とか「虎の威を借る狐」といいます。

他にもこんな四文字熟語があります。

「虎視眈眈」(こしたんたん)

トラが獲物を狙って、じっと睨んでいる様子をいいます。

トラのイメージがとても出ていますね。

「前虎後狼」(ぜんここうろう)

前のトラを防いだとおもったら、その後ろにはオオカミがいるという。

これは一つの災難が去った後また違う災難が来るという意味で災難が次々来るということを例えていっています。

「虎穴虎子」(こけつこし)

これは、トラの穴に入らなければ、トラの子は捕らえることはできないということで、危険を冒さなければ、大きなものは手に入れられないたとえをいいます。

「猛虎伏草」(もうこふくそう)

トラが草むらに身を伏せている様子で、すぐれた人物は一時隠れていても、いつかは必ず勢いよく世に出てくるということを例えています。

四文字熟語にはその動物の特性がよくあらわされていますね。

まとめ

寅年の人は臆病に見えるけれど、それは臆病ではなく慎重であるということ。

見通しが立てば、行動するのは早い。

「白虎」が西を守っていている存在。

毘沙門天の使いであると考えられている。

以上のことから、堂々とした存在であることがわかりますね。

堂々としている反面、クヨクヨしやすいところがあります。

寅年さんは、気難しい人と誤解されやすいので笑顔か大切ですヽ(^o^)丿

あなたのお役に立てましたら幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました.

■次回の記事はこちらから

スポンサーリンク