巨大すぎる橿原神宮の絵馬!! ご利益・駐車場・御朱印など

巨大すぎる橿原神宮の絵馬!! ご利益・駐車場・御朱印など

リンクユニット 本文上




巨大な絵馬ででビックリ!!

おはようございます。

神社仏閣に参拝に行くのが好きな聖佳です。

不思議体験をしたときは大興奮して楽しんでいます。

今回は、奈良県の橿原神宮に参拝に行ってきました。
12月1日に参拝に行ったのですが、七五三のお参りの時期だったようで、お子さん連れの家族で賑わっていました。

おじいちゃん、おばあちゃん、いろいろ大変ですね~♡

小さいお子さんは、みんな天使のように可愛かったです。

大神神社もそうでしたが、外国人観光の人がいなくて大きな声で騒いでいる人はいませんでした。

同じ奈良県なのに東大寺、春日大社などは外国の人でいっぱいで賑やかでした・・・。

というか騒がしかったです。

橿原神宮とは雰囲気が全然違います。

ゆっくり過ごし自然のオーラを感じたい方は、橿原神宮がおすすめです。

■前回の記事はこちらから

高野山教報より12月の行事のお知らせ  高野山の七不思議その2「姿見の井戸」

スポンサーリンク

橿原神宮とは

橿原神宮

橿原神宮は1890年( 明治23年)に建立された歴史ある神社です。

本殿は重要文化財にも指定されています 。

橿原神宮の御祭神

神武天皇(じんむてんのう)
第1代天皇

媛蹈鞴五十鈴媛皇后(ひめたたらいすずひめこうごう)
第1代 皇后

広大さを誇る神域は50万㎡に及び、敷地内には森林や池などがあります。

橿原神宮のご利益

家内安全
健康長寿
厄除け
合格祈願
商売繁盛
国家鎮護
縁結び

これらに加えて、東征の際に神武天皇を導いた八咫烏(ヤタガラス)伝説より、勝運祈願のご利益があることでも知られています。

それにちなんで、境内では八咫烏が描かれた「勝ち守」も販売されています。

これだけのご利益が期待できますので、一度は参拝に訪れることをお勧めします。

一の鳥居、二の鳥居

笠木部分だけ元の木を使っています。

橿原神宮においてまず目に付くのは大きな南門の(鳥居)です。

高さ10 メートル・ 直径1 メートル。

昭和15年に台湾の阿里山から運んできた檜でできた鳥居でしたが、老朽のため新しく建替えられています。

その際、後世に残すために笠木部分には元の鳥居の檜を使用しています。

色が違っているのですぐわかります。

木造なのでとてもやさしいく温かい感じがしました。

二つの鳥居は趣があります。

地面は神聖な白砂利が敷き詰められています。

少し歩きづらいです、スニーカーを履いて行かれるのがおすすめです。

一歩一歩踏みしめて、ジャリジャリと音を立てて邪気を取り除き参拝に向かいます。

南手水舎

手水舎

神社に参拝するときは、最初に手水舎の手水で心身を清めます。

作法が表示されていますのでそれをお手本にして清めてください。

外拝殿

右側に大きな絵馬があります。

外拝殿までは普通に拝観することができます。

ここから遠くに見える本殿にお祈りします。

拝殿の前に立って「二拝二拍手一拝の作法」をします。

本殿は営利目的の写真は禁止になっていました。

個人で所有するには問題ないみたいです。

本殿

とても美しいです。

本殿は重要文化財にも指定されています。

本殿は京都御所で安政2年に建造された建物で、明治天皇から下賜されてこちらに移築されたものです。

橿原神宮の本殿は通常は拝観することができません。

しかし、不定期に開催される特別拝観日には拝観することができます。

不定期なので、本殿を拝観したい人は拝観日を調べて参拝してくださいね。

所在地

〒634-8550 奈良県橿原市久米町934

TEL 0744-22-3271

橿原神宮の巨大な干支絵馬

人と比べると大きさがわかりますね。

橿原神宮(奈良県橿原市)の外拝殿に、大きな絵馬が飾られています。

高さ4・5メートル、幅5・4メートルもあります。

来年の干支・ネズミ(子)が飾られていました。

どんな願いも叶いそうですヽ(^o^)丿

スポンサーリンク

さざれ石

成長しているさざれ石です。

巨大すぎる干支の右側に祀られています。

日本の国歌でうたわれる「さざれ石」は、ちいさな石という意味ですが、年月を重ねることで大きく育ち、いつしか岩になるとされている石です。

神霊の宿る石とされています。

さざれ石は成長している石です。

私の頭も成長できるように、そっと触れさせていただきました。

ボケませんように~(^-^;

神楽殿

明治天皇から1855年(安政二年)に建てられた京都御所の神嘉殿を1890年(明治二十三年)に下賜されたものです。

1993年(平成5年)に火災で消失し、今あるのは1996年(平成8年6月)に再建されたものです。

はじめ拝殿として使われていましたが、新たに拝殿が建てられてたため現在は神楽殿となっています。

宝物館

橿原神宮に奉納された文化財や関係資料が展示されています。

土・日・祝休日開館(予約すれば平日も可)

午前9時~午後4時。

料金、大人300円、小人200円。

※小学生以下は無料

文華殿

江戸時代・天保15年築の1万石藩邸、織田家旧柳本藩邸の表向御殿を移築して復元した建物です。

普段は非公開ですが、期間限定で屋敷の内部が公開されることがあります。

殿様のお屋敷がどんなのであったか体感できます。

深田池(ふかだいけ)

長閑なところです。

休憩所でゆっくりできます。

境内の端にある深田池周辺には遊歩道が整備されています。

自然いっぱいで、静かな水面が広がっていて、野鳥がゆったりと水面を移動していています。

長閑な気分です~(^_^)

ゆっくり歩いているだけで、パワーが頂けます。

岸辺には桜などの花が植えられていて、四季折々に美しい光景が楽しめますね。

一つ失敗したことがあります。

深田池の橋を渡ってこなかったことです(-_-;)

長山稲荷社

稲荷神社

橿原神宮のすぐそばにある橿原神宮の末社です。
御祭神
宇迦能御魂神(うかのみたまのかみ)

豊受気神(とようけのかみ)

大宮能売神(おおみやのめのかみ)

深田池をぐるりと歩くと休憩所の横にずらっと並んだ鳥居があります。

長山稲荷社です。

ご利益が頂けますように、参拝、参拝。

ご利益は五穀豊穣、商売繁盛、家内安全など

北神門

北の門

手水舎

こちらにも手水舎があります。

こちらが北たの鳥居のほうになります。

左側に橿原森林遊苑(森林公園)があります。

約100,000平方メートルもの広さです。

北の鳥居を出て右側に行くと第一鳥居のほうに行きます。

これでぐるりと一回り。

畝傍山(うねびやま)

お参り

雰囲気ありますね。

お参りしてきました。

畝傍山登山口と案内札がありましたので、散策に行きました。

山道の途中に東大谷日女命神社があったので参拝。

畝傍山は大和三山(やまとさんざん)の中の一つです。

大和三山とは、「畝傍山(うねびやま)」「耳成山(みみなしやま)」「香久山(かぐやま)」です。

畝傍山に入っていくと桜の木がたくさん植えられていました。

春に訪れるととても美しい桜が見えること間違いないです。

畝傍山や橿原神宮は光のオーラに満ちた場所とされています。

勝負・開運系の超強力パワーが頂けます。

株式売買、宝くじ、負け放題でしたのでぼつぼつ勝ち組になりたいのでお願いしてきました。

今、勉強している勝負事があります。

しっかり勝つことが出来るようになりましたら、このブログに書きたいと思っています。

あてにしないで、待っていてくださいね。

今のところ、プラスですヽ(^o^)丿

代表的な祭典

橿原神宮は境内が広いので、たくさんのイベントが行われます。

有名なのは春の「神武祭」と、秋の「橿原夢の森フェスティバル」晩秋の「橿原菊花展」。

紀元祭(きげんさい)

毎年、建国記念日(2月11日)に執り行われ、橿原神宮で最も重要な祭典(例祭)です。

古来より伝わる様々な儀式を目の前で見ることができる格好のチャンスです。

神武天皇祭(にんむてんのうさい)

神武天皇が崩御された4月3日に執り行われる祭典です。

国の隆昌を祈念します。

こちらも紀元祭と並んで橿原神宮の代表的なお祭りとなります。

★新嘗祭(にいなめさい)

新穀を神様にお供えをし、五穀豊穣をお祝いし感謝する祭典です。

11月23日に斎行されます。

おみくじ

可愛い金の鳥です。

おみくじにしては少し値段が高いですが、可愛いおみくじがあれば購入することにしていますので、迷わず購入しました。

橿原神宮のおみくじは中吉でした(^^)/

おみくじは500円です。

御朱印・お守り

少し斜めになっていますね~。

御朱印は神楽殿の近くにある授与所で頂けます。

午前9時~午後4時まで受け付けています。

種類  「橿原神宮」の1種類

値段  300円

お守り

書かれている言葉が幸せな気持ちになります。

拝観時間

午前6時~午後6時(季節により一時間前後変動)。

社務所・宝物館は午前9時~午後4時。

アクセス

入り口です

近鉄電車で行くのがとても便利です。

「橿原神宮前」駅からまっすぐ歩いて10分ほどです。

自家用車で行く場合

橿原公苑でしたら、神宮参拝なら無料で駐車できます。

一の鳥居までは徒歩で8分くらいです。

住所 橿原市畝傍町53

駐車台数は120台

TEL 0744-22-2462

営業時間は 8:30~21:00

私は神宮専用駐車場にしました。

普通車1回500円です。

入り口と出口が違いますので、注意してください。

駐車場へは料金ゲートをくぐって、一の鳥居の前を通り駐車場へ入ります。

なんといっても一番近いです。

800台とめることが出来ます。

営業時間は6:00~18:00(季節によって変更有)

秘密のケンミンショーでしていた「だんご庄」

きなこのお団子

お店です

橿原神宮から車で15分くらいです。

駐車場は2台分しかありません。

八木店  内膳1-3- 8
TEL  0744-25-2922

八木駅が見えるほど駅から近いです。

外で1時間30分並びました。

やっとお店の中に入れました。

「えっ!!」中で作っている人全員が高齢者でした。

なるほど~これじゃ時間がかかるはず・・・(^-^;

家に到着して、早速頂きました。

とても、美味しかったですヽ(^o^)丿

おわりに

ゆっくり参拝をしたい方は、橿原神宮がいいです。

参拝にきて見える方が、地元の人が多いのか、皆さんゆったりして見えました。

七五三に時期だったのでさらにほっこりさせていただきました。

何だか、運が向いてきそうな気がしています。

あなたも、ぜひ参拝に訪れてください。

帰りに大神神社の近くで三輪そうめんを頂きに行きましたが、大神神社のほうが人出は多かったです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

■次回の記事はこちらから

高野山の「覚鑁坂で転んではいけない!」理由は?  問題があった大河ドラマの「明智光秀」の墓所も近くにある。

スポンサーリンク