日本三大観音の大須観音とは? どんなご利益があるの?  大須の魅力とマップと御朱印

日本三大観音の大須観音とは? どんなご利益があるの?  大須の魅力とマップと御朱印

リンクユニット 本文上




大須観音さん

おはようございます。

大須観音にツアーで参拝に行ってきました。

時間に制限があったのと、参拝の時間が午後の4時頃だったので、拝見したいところが、閉まっていたり御朱印も1つしか頂けませんでした。

かなり残念な参拝になってしまいましたが、少しでもあなたの参考になれば幸いです。

■前回の記事はこちらから↓

高野山教報より、宝来飾り授与販売(数量限定)と報恩高野市、来年の年賀状と墨絵そして、禅の言葉

スポンサーリンク

大須観音略縁起

本堂

本堂を横から見たところ

大須観音とは?

当初は尾張国 長岡庄大須郷(現在の岐阜県羽島市大須) にありました。

開山は能信上人(のうしんしょうにん)です。

能信上人は開創に当たり、伊勢大神宮に百か日間おこもりになり、「この世に人々が、おすくいをうけ、おめぐみを頂きますには、どなたさまをお祀りいたしたらよいでしょうか」と一心不乱にお祈りしたところ、神に通じ、霊夢に「大慈大悲の観世音こそは利益無量(りやくむりょう)、この世の人々に、もっともありがたいおかたである」とお告げがあったそうです。

1333年 「北野山真福寺宝生院」 という寺号を頂いています。

「北野天満宮」の流れからきているようです。

真言宗智山派 別格本山 です。

「大須観音」という呼び方は実は通称の呼び方で、正式名称は「北野山真福寺宝生院」です。

徳川家康により、今のこの地に移されました。

今度は明治時代と戦時中の2度にわたって火災により焼失しています。

今の建物は1970年(昭和45年)に 再建されたものです。

本殿隣の普賢殿に一人一人の守り本尊

あなたの守り本尊様は?

365体の十二支・干支の守り本尊様が奉られています。

普賢殿の中には、観音様や仏様が並んでいるので、ご自分の干支の守り本尊様を探してお参りされるといいですね。

私が大須観音に入った時間が、夕方で 時間が遅かったので、普賢殿は入り口を半分閉めていました。

少しだけ外からのぞかせていただきましたが、入るのは遠慮しました。

また、個人で参拝に出かけた時、拝見させていただくことにしました。

ご自分の守り本尊様を知りたい方は、この記事にも記載しています

あなたの干支と生まれた月で独自の梵字・守護本尊・真言(呪文)があるのを知ってますか?強力な力であなたを災難から守り幸福へと導く!!すぐ探しましょう!!

大正琴の発祥の地

大正琴発祥地

大須は大正琴の発祥地であり、秋には「大正琴大祭」が開かれています。

大正琴(たいしょうごと)とは 、木製の中空の胴に2~12本の金属弦を張り、簡単な鍵盤を備え、ピックで引いて演奏する。

琴の一種です。

甲高い音がしますね。

スポンサーリンク

南側の門

南のほうの門

仁王像

仁王像

南側の門には左右の仁王像が しっかりとここを守っています。

門の前、すぐのところに餃子の王将があります。

大須の商店街の中にあるという感じがしました。

大須観音を一歩出ると、商店街で賑わっています。

食べ歩きができて、 とても楽しいところです。

大通りの商店街は、多くの店舗が並んでいて、びっくりするような若者の服があったり、高齢者向きのお店もあったりして、年齢層の幅が広くて・・・。

私の描いていた大須のイメージそのものでした。

大須のマップ

どんなご利益があるのでしょうか?

煙で悪いところを・・・治れ~!!

本堂

お守りです。

菅原道真の知恵が頂けるというご利益が有名です。

能信上人も、学徳ともに高いお方であるということで、「学問の神様」のご利益にあずかれるとされています。

入試の時など、多くの参拝者で賑わいます。

その他にも、厄除け・家内安全・商売繁盛・ 身体健康 などにもご利益があります。

おみくじを引いてきました。

dav

大吉でした~縁起がいいヽ(^o^)丿

鳩が多いので 注意

ハトがいっぱい!!

ハトのえさも販売していました。

エサをあげて楽しめますが、ハトが一斉に飛び立つとビックリします。

御朱印

大須観音さんの御朱印

御朱印頂いてきました。

4つあるらしいのですが、時間の都合で1つしか頂けませんでした。

時間が遅くなると、本堂の右側にある御朱印を書いていただけるところが閉まってしまいます。

地下の事務所で書いていただきました。

神社仏閣の参拝は午前中に行かないとだめですね。

御朱印帳・七福神の絵馬・本尊の御姿がありました。

大須で楽しめるもの

大須演芸場の所

一日中、遊べそうです

向かい側が、大須本通りに入るところです。

大須観音通り

毎年10月の大須大道町人祭があり、大道芸 、おいらん道中、 パントマイム、など大道芸人大によるパフォーマンスもあります。

毎月18日と28日には骨董市が開かれます。

名古屋名物あれこれ

①<ういろう>

・名古屋ういろうは米粉と砂糖を混ぜて蒸したお菓子です。

・黒砂糖味が一般的ですが、お店によって白砂糖や抹茶、桜など様々な味があります。

・特に名古屋では老舗の青柳総本家と大須ういろが有名です。

②<天むす>

・天むすはエビの天ぷらが入ったおむすびのことです。

・名古屋名物として有名ですが、 実は三重県津市の定食屋「千寿」が発祥の地です。

・南大津通の「天むす 千寿」 は本家の津市の「千寿」からのれん分けされたお店です。

③<納屋橋まんじゅう>

・ 名古屋の納屋橋(なやばし)にあった老舗和菓子店「納屋橋饅頭」から大正時代にのれん分けされた 、名古屋でも有名なおまんじゅう屋さんです。

・屋号にもなっている「納屋橋まんじゅう」はこしあんを使った酒まんじゅうです。

④<小倉トースト>

・大正時代に名古屋の喫茶店で考案されたと言われています。

・名古屋の喫茶店ではほとんどある定番の喫茶スイーツです。

・お店によって、餡がトーストの上に乗っていたり、 であったりと様々です。

どれも、とても美味しいです。

まとめ

ご本尊の縁日は毎月18日です。

都合がよければ、縁日に参拝に行かれると多くのご利益がいただけるような気がします。

大須観音でご利益を頂いて、大須で観光というのもいいですね。

名古屋は地下鉄が便利で、大須から栄に向かってお買い物に行くのもいいですね。

■次回の記事はこちらから
スポンサーリンク