国宝のある三重県津市の高田本山専修寺の魅力!

国宝のある三重県津市の高田本山専修寺の魅力!

スポンサーリンク

御影堂(みえいどう)と如来堂(にょらいどう)が国宝に!!

手水舎 龍が水を飲んでいるようです。  コミカルな姿で面白い!

高田本山専修寺は、親鸞聖人の教えを受け継ぐ浄土真宗の十派のひとつ、全国に600以

上ある真宗高田派の総本山です。

正式には「真宗高田派本山 専修寺」といい、地元の人たちは高田山という愛称で読ん

でいます。

高田山の魅力をたっぷりと紹介します!

おはようございます。

私は仏教の大学で学び、今は仏教と書道を楽しく学んでいます。

スピリチュアルなことが好きな、聖佳と申します。

地元民の私が紹介していきます。おたのしみに~ヽ(^o^)丿

この記事が、あなたの神社仏閣巡りの参考になれば幸いです。

■前回の記事はこちらから

伊勢の津 ご利益求めて開運 津七福神巡り~(安楽寺)最終日

真宗高田派の高田本山とは

婦人会があり、お堂の中はいっぱいでした。

真宗高田派の本山で、専修寺(せんじゅじ)といいます。三重県の中ほど、津市一身田町

に位置し、宗祖親鸞聖人の教えを受け継ぐ寺院です。

国の史跡となっている(東京ドームの約2倍)の境内に、国宝となる2棟の他にも国指定

の重要文化財を11棟も擁するとても大きな寺院です。

蓮寺としても有名で、見事な蓮池や、境内の各所にて様々な種類の蓮を楽しむことができ

ます。

また、春は桜や藤をはじめとした色彩鮮やかな花々を、夏は高田本山専修寺の象徴の蓮の

花を、秋は銀杏やもみじの紅葉を、冬は雪景色を楽しめます。

三重県は四季折々の風景を楽しめますヽ(^o^)丿

国宝となる木造建築物の紹介「御影堂」

御影堂

山門をくぐって正面にあるのが、国宝となる「御影堂(みえいどう)」

建立は寛文6年(1666年)です。

入母屋造・本瓦葺の落ち着いた純和様で高田本山専修寺の最大の建物であり、現存する江

戸時代の寺院建築としては全国で5本の指に入る大きさとのこと。

「御影堂」の中へ入ると、780畳の畳敷きの空間が広がっており、お堂の中に入ると自分

が小さくなった感じがします。

金襴(きんらん)巻きの大きな柱や多彩な天井画などが荘厳な雰囲気です。

もう一つ、国宝となる「如来堂」は阿弥陀如来像を祀るお堂

如来堂

彫刻が凄い!

スポンサーリンク

私の写真からはわかりずらいのですが、龍の顔がいっぱい!!

実際に、見てくださいね。

本当に、驚かれると思います。

「如来堂」の建立は寛延元年(1748年)。

外観は、唐様の建物で桐紋の入った破風(はふ)を持ち、美しい組物や、象・竜・獏など、

中国の故事にもとづく多くの彫刻が見られます。

如来堂の大きさは、御影堂よりも小さいのですが、高さを揃えてあるので、大きさの違い

は感じないです。

ちなみに「御影堂」「如来堂」ともに拝観料は無料です。

開門:6時00分~閉門:15時30分まではお堂の中にあがれます。

御影堂と如来堂は、高床の板張りで柱間が吹き抜けになっている「通天橋(つうてんきょ

う)」という廊下で結ばれています。

通天橋

こちらは写真撮影スポットとしても人気があります。

(お七夜期間のみ)ですが、夜の灯りがともされた光景はとても幻想的で美しいです。

津市は七福神巡りもしていますので、ゆっくりしていかれたらいかがでしょうか?

■宿泊施設はこの記事【伊勢の津 ご利益求めて開運 津七福神巡り~(結城神社)】

中に記載しています。

■松阪の七福神と津の七福神の色紙(御朱印)はこの記事に

【伊勢の津 ご利益求めて開運津七福神 めぐり~出発!!(津観音)】

【お問い合わせ】

高田本山 専修寺

〒514-0114

三重県津市一身田町2819番地

電話:059-232-4171

[交通アクセス]

(公共交通機関の場合)

JR「一身田駅」から徒歩5分

近鉄「高田本山」駅から徒歩20分

JR・近鉄津駅から「一身田」「三重病院」行きバス15分「本山前」下車すぐ

(車でのアクセス)

伊勢自動車道津ICから約15分

伊勢自動車道芸濃ICから約15分

駐車場 JR一身田駅近くに大駐車場(無料、バス可)有

御朱印頂きました

勢いのある字ですね

まとめ

国宝となっている「御影堂」「如来堂」は見ごたえがあります。

御朱印を書いていただくところに、特徴のある御朱印帳がありました。

御朱印帳について、とても丁寧に説明してくださいます。

■次回の記事はこちらから

高野山の金剛峯寺で修行する規律正しい学生の一日!!

■前回の記事はこちらから

伊勢の津 ご利益求めて開運 津七福神巡り~(安楽寺)最終日

スポンサーリンク