伊勢の津 ご利益求めて開運 津七福神巡り~(円光寺)

伊勢の津 ご利益求めて開運 津七福神巡り~(円光寺)

スポンサーリンク

4番目に参拝したのは、円光寺

【津観音寺】  毘沙門天   必勝祈願  勇気と決断を授ける

【円光寺 】  弁財天    技芸上達  才能を開花させる

【初午寺 】   恵比寿天     商売繁盛  律儀さを授ける

【高山神社】     寿老人    延命長寿  達者で長寿を授ける

【結城神社】    福禄寿     無病息災  災難・病から守る

【安楽寺 】    布袋尊     子孫繁栄  家庭円満・和合を授ける

【四天王寺】    大黒天     五穀豊穣  心身の裕福を授ける

七福神の中の弁財天さんを参拝してきました。唯一の女性です。

お参りするときの、お唱えすることば(御真言)

おん そらそばていえい そわか

これを三回唱えます。

この記事では円光寺について紹介しています。

円光寺

住所 :三重県津市河芸町上野2861

電話番号 :059-245-4132

おはようございます。

私は仏教の大学で学び、今は仏教と書道を楽しく学んでいます。

スピリチュアルなことが好きな、聖佳と申します。

あなたが七福神巡りで円光寺を参拝される時、この記事が少しでも参考になれば幸い

です。

弁財天さん、描いてみました。芸事が上達しますように!!

■前回の記事はこちらから

伊勢の津 ご利益求めて開運 津七福神巡り~「高山神社」(こうざんじんじゃ)

■津の七福神と松阪の七福神の色紙(御朱印)はこの記事から

伊勢の津 ご利益求めて開運津七福神 めぐり~出発!!(津観音)

円光寺とは

立札がありました。

円光寺は、1358年開山の 臨済宗東福寺派のお寺で江姫ゆかりのお寺でもあります。

伊勢上野城の当時の城主である分部氏の菩提寺。

スポンサーリンク

戦国時代、伊勢上野城の城主であった織田信長の弟(織田 信包 )のもとにお市の方と

浅井3姉妹が身を寄せて何年か過ごしたと伝えられています。

そのためこちらの円光寺にお参りもされたであろうと言われています。

立て看板があり、その後ろにお墓がありましたのでお参りしようかと思ったのですが、

まず本堂からと思い本堂の方に行くことにしました。

ここは「辯才天」。 七福神の中で唯一女性の神様ですね。

習い事が上達するようにお願いしましょう!!

円光寺の特徴は

花は上のほうから下に向かって順番に咲くそうです。

花弁がふわっとしていて優しい感じ

つぼみ、かわいいです。

参道には秋にはもみじの木のトンネルになるそうです。

6月後半には「沙羅双樹」という珍しい木があります。

この 沙羅双樹の花咲く順番は木の上の方から下に向かって順番に咲いてきます

午前10時~11時ぐらいにたくさん花開くそうです。

私の参拝に来た時期は、少し早かったようです。

一週間ぐらい後が、良かったかも?といってみました・・・残念

上の方に5~6個花が咲いていました。

そして、花が咲いたらその日の夜に落ちるそうです。

落ちるのです…ぽろっと落下(-_-;)

たった1日の花とはとても儚いですね。

まとめ

地元のボランティアの方が数名見えますので色々説明してくださいます。

住職さんもボランティアの方もとても話しやすい方ばかりなので、時間があればゆっ

くりお話を聞くことができます。

■七福神巡りをゆっくり楽しみたい人のための宿泊プランはこの記事から

伊勢の津 ご利益求めて開運 津七福神巡り~(結城神社)

■次回の記事はこちらから

伊勢の津 ご利益求めて開運 津七福神巡り~(初馬寺)

■前回の記事はこちらから

伊勢の津 ご利益求めて開運 津七福神巡り~「高山神社」(こうざんじんじゃ)

スポンサーリンク