女性の願いをひとつ叶えてくれる「石神さん」そして、本物の海女さんと海女小屋体験!

女性の願いをひとつ叶えてくれる「石神さん」そして、本物の海女さんと海女小屋体験!

スポンサーリンク

神明神社の参道にある小さな社「石神さん」

石神さんを古くから信仰する「海女さん」は潜ることで一家を支えてきました。

「夫一人を養えんで一人前の海女とはいえん」 というほど働き者です。

この記事では海女さんの信仰する神明神社にある石神さんについて紹介しています。

おはようございます。

私は仏教の大学で学び、今は仏教と書道を楽しく学んでいます。

弘法大師空海さんに関係のある高野山・伊勢神宮の近隣のパワースポットを探して

パワーを頂いています。

スピリチュアルなことが好きな、聖佳と申します。

あなたが 伊勢神宮参拝や鳥羽方面に宿泊されたなら、 相差にある石神さんを訪れてみてください。

女性であれば、願いをひとつ叶えてくれるといわれています。

この記事が、あなたにとって少しでもお役に立てれば幸いです。

■前回の記事はこちらから

何度行っても他にはない神秘的なエネルギーを感じる 志摩の「天の岩戸」

海女文化資料館の前の駐車場に車を停めて

海女文化資料館に駐車場があるので、そこに車を止めて石神さんに向かいます。

日曜日、などは駐車場がいっぱいになるので、少し坂を下ったところにも駐車場があります。

その道の途中に、梵潮自寺(ぼんちょうじ)というお寺があります。

約700年前、後醍醐天皇の 勅願により建てられた臨済宗南禅寺派の 名刹。

境内にある 大蘇鉄(だいそてつ)は樹齢700年以上の古木です。

樹勢は今も健在で、たくさんの子を宿すことから、子孫繁栄、延命長寿と言われています。

そして、この海女文化資料の敷地にある、クロマツは樹の形が天に昇る龍の姿に似ているということから昇竜の松(開運の松)と言われ、その枝に手を当てて願いをすると叶う言われています。

ここでも、願い事ができますね。お得感満載!!

海女文化資料館にも寄ってみてくださいね。

アワビの取り方の説明がされてました

海女さんの潜っている様子です

海女さんのことが、よくわかる資料館です。

石神さんにたくさんの芸能人が訪れています。

ほとんどの人が知っている芸能人です。

西川きよしさん、清水国明さん、 辰巳琢郎さん、雛形あきこさん、森本レオさん吉永小百合さん、はるな愛さん、美川憲一さん、森泉さん、山口智充ささん、ベッキーさん、安住紳一郎さん、多岐川裕美さん、小宮悦子さんななどの有名な芸能人ばかりです。

マラソンの野口みずきさんは、石神さんでお詣りして「石神さん」のお守りを付けて走ったところアテネオリンピックで優勝されました。

上手くいけば、有名な人に会えるかも!! 楽しみ~ヽ(^o^)丿

石神さんで一つお願い事を書く

祈願用紙にお願い事を記入します。

無料のたくさん用紙が置いてありますが、お願い事はひとつですよ~(^_^)

お願い事を書いたら、 願い箱に入れて お参りをします。

お願い事を家でしっかり考えて、メモっておいてそれを書くようにすると、考え込まずにすむのでお勧めします。

私は、欲深いので書いている最中に願い事がたくさん思い浮かんできてしまいます。

そして、何が一番のお願い事かわからなくなってしまいます・・・私だけかな~?

願い事が叶ってお礼参りをすると、リセットされて再び一つお願い事ができます。

お礼の絵馬は 無料であります~(ラッキー)!

お願い事をして、お礼参りをして、またお願い事をして、お礼参りをして、石神さんに何度でもいけますね、エンドレスですヽ(^o^)丿

神明神社(しんめいじんじゃ)と長寿の館

相差地区の氏神様です。

鳥羽の相差町の氏神である神明神社は、主祭神を天照大神とする。

神明神社で日ごろの感謝を伝えてくださいね。

天照大御神をはじめ26の神々がお祀りされた本殿は、境内の一番奥に佇んでいます。

その隣の長寿の館に御鎮座する御神木のクスノキ。

長寿を祈願して、クスノキに触っていかれます

優しく触れてください(^_^)

そばには、さざれ石や、旧拝殿の鬼瓦も展示されていました

海女さんと過ごす体験

「海女結び ドーマンセーマン」~海女さんと過ごす石神さん~体験

※「ドーマン」とは縦5本と横4本の格子柄でまものを退散させるというものです。

※ 「セーマン」とは星形の柄で一筆書きで必ず同じところに戻ってくることから 、海に潜っても必ず元のところに戻ってこれるというものです 。

内容→①尼さん二人と一緒に石神詣で

②海女さんとおしゃべり(ところてんスイーツ付)

料金→4000円

時間→約60分

申し込みは前日17時までに電話かメールで。

電話→0599-33-7453

メール→http://osatsu.org/gozaya/

かつて海女さんが住んでいた築80年の古民家、 海女の家「五左屋」(ござや)で海女さん達と待ち合わせをして、石神さんに一緒にお参りに行きます。

その後、海女さんの元気の秘訣や 海女さんの暮らしを聞いたり、海女さんが採った海藻天草100%で作った「ところてんスイーツ」を食べながら、海女さんとのおしゃべりを楽しみます。

自然と向き合いながらエネルギッシュに生きる海女さんの暮らしに触れることで、日常のストレスを取り除き、海女さんのパワーをいただけますね。

石神さんのお守りと、御朱印

石神さんの紫は、昔「貝紫」(かいむらさき) 染めというイボニシ貝の液で染物をしていたため、石神さまのイメージカラーは紫になったということです。

御守りの、字や絵柄、神社の御朱印?はの印になっています。

スポンサーリンク

宿泊施設の紹介

伊勢志摩国立公園 賢島の宿 みち潮

南鳥羽相差 千鳥ヶ浜 片浜荘

浜の雅亭 一井

志摩観光ホテル ザ ベイスイート

志摩観光ホテル ザ クラシック

海辺ホテル プライムリゾート賢島

ホテル近鉄アクアヴィラ伊勢志摩


ホテルアルティア鳥羽

志摩観光ホテル ザ ベイスイート

新鮮を食べる 湯宿 大田家

鳥羽国際ホテル

鳥羽国際ホテル 潮路亭

鳥羽シーサイドホテル

花の小宿 重兵衛

旨さ納得◎の宿 香潮

まとめ

一度は訪れてみてくださいね。

いつ行っても、賑わっています。

①海女文化資料館のクロマツに触って開運をお願いして

②神明神社で長寿をお願いして

③女性の方は石神さんで一つお願いごとをして

④近くの梵潮自寺で子孫繁栄、延命長寿をお願いできます。

ご利益のオンパレードですヽ(^o^)丿

■次回の記事はこちらから

石神さんの帰り道に、つめ放題の牡蠣¥1500!!なんと62個ゲット!

■前回の記事はこちらから

何度行っても神秘的なエネルギーを感じる 志摩の「天の岩戸」

スポンサーリンク