なんと!シッダールタ王子は王族の身分を捨て、真理を求めて出家した !

なんと!シッダールタ王子は王族の身分を捨て、真理を求めて出家した !

スポンサーリンク

29歳の時に一大決心!

妻と子供を後に残し、ひそかに宮殿を抜け出すことに成功!

山林にこもって6年間の苦行(くぎょう)に入ります。

「苦行」とは、食べ物を何日も食べなかったり、体を痛めつけたりする苦しい修行のことをいいます。

その頃のインドでは苦行によって、人生や世界の真実がわかるとされていたからです。

この記事では 王子がどのように修行したのかを 紹介しています。

おはようございます

私は仏教の大学で学び、今は仏教と書道を楽しく学んでいます。

スピリチュアルなことが好きな、聖佳と申します。

あなたにとって、この記事が少しでも参考になれば幸いです。

■前回の記事はこちらから

人類が初めて巡り会えた偉大な師、お釈迦様の誕生に まつわる伝説

真理を求めて 宗教家の集まる王舎城(おうしゃじょう)へ

今夜ひとりの求道者として心も姿も清々しい王子は鉢(はつ)だけを手にしての道につきました。

真理を求めて 宗教家の集まる王舎城(おうしゃじょう)へ行き、二人の師について修行を行いました。

一人目の師は、存在するものは何もないという境地に至る瞑想

「無所有所」(むしょうしょ)を深め、煩悩をなくす修行を教えられました。

王子は師の教える境地にわずかな期間で達し、師の元を離れました。

二人目の師は、想いというものはないが、想いがないというわけでもないという境地を目指す「非想非非想処」(ひそうひひそうしょ)です。

「う~ん」何だかよくわかんないですね(^-^;

王子は苦しみ迷っているこの世とかけ離れた悟りは、自分の求めているものではないと考え、自分一人で苦行しようと考えました。

自分の求めているものではないと考えても、苦行からは離れないですね~(^-^;

王子は、森に入って一人で苦行!

国王は王子が一人で修行することを知ったので、5人の家来を王子を見守るため、そばで修行をさせました。

父を裏切って城から飛び出したというのに、影から見守っているのですね(^_^)

やはり、国王といえども、優しい父親ですねヽ(^o^)丿

6年間、王子は命をかけて苦行をしました。

その結果、やせ細ってしまい体は骨と皮だけになってしまいました。

スポンサーリンク

ところが、こうまでもしても、問題の答えを見つけることができませんでした。

これ以上体を痛め続けたら、答が見つからないうちに死んでしまうと思いました。

本当に!命をなくしては何もできないですからね(-_-;)

ただの、親不孝者で終わってしまいます。

王子はこの方法は自分の探しているものではないと結論を出しました。

流石!将来お釈迦様になる人ですね(^_^)

間違った苦行を捨てる決心

体力がなくなっていた王子は、村の娘スジャータから受けた牛乳のおかゆを少し食べました。

それを見て、一緒に修行をしていた人たちは、王子は修行の苦しみに負けたと情けなく思い王子のそばから離れていってしまいました。

一緒に苦行していた仲間に見捨てられた王子は、自分一人の力で真理を求め続けることにしました。

体力が回復した王子は、インドのブッダガヤーに行きました

そこに大きな菩提樹の木があり、その木下で座禅を組み答えが見つかるまで瞑想をして暮らすことに決めました。

その時、王子は外の世界を見る代わりに、自分の内部に目を向けました。

王子が修行をしている間、しばしば悪魔に誘惑されたことがいくつかの経典に記されています。

悟りを開くまでの修行の間にわき起こった様々な心の動揺や葛藤を、悪魔が襲ってきたかのように表現しています。

悪魔は王子が修行を断念するように様々な誘惑を仕掛けたりしました。

そこには様々な考え、感覚・記憶・欲望・恐怖・その他色々なものがありました。

王子は心身を清らかにし、知恵をもって厳しく内面を見つめ直すことで、悪魔に打ち勝ったとされています。

悪魔の誘惑を完全に阻止し、打ち勝つことで王子は悟りを開くことができたと考えられ、この出来事を降魔成道(こうまじょうどう)と言います。

降魔成道とは悪魔を征服し、悟りを開くということです。

目に見えない悪魔に勝って、王子は「さとり」を開きました。

35歳の時でした。

この時から、王子ではなくブッダ(仏陀)であり、真理を悟ったった者となりました。

ブッダの道をこの世に教える私は、お釈迦様であると宣言したそうです。

凄い!!  自分で宣言している!!(^^)/

まとめ

真理を追求したいと王の地位と妻と子供まで捨てて修行に出かけてしまうとは、本当に一代決心をしたものです。

その結果、年月かけて悟りを開くことができたとは、心の強さがうかがえますね。

凡人には、考えられない行動です。

ブッダの教えを覗いてみたくなりました。

■次回の記事はこちらから

ブッダは ともに苦行に励んだ5人を 探して説法への旅立ち

■前回の記事はこちらから

人類が初めて巡り会えた偉大な師、お釈迦様の誕生に まつわる伝説

スポンサーリンク