神宮内で最高においしい甘酒を、さらにおかげ横丁では神恩太鼓が威勢よく響き渡る!

神宮内で最高においしい甘酒を、さらにおかげ横丁では神恩太鼓が威勢よく響き渡る!

スポンサーリンク

伊勢神宮の内宮にある「参集殿」は参拝者の「無料休憩所」になっています。

我が家に並べてある干支鈴です↑

この鈴干支は、参集殿でしか購入できません。

参集殿でたくさんの人がお茶をいただいたりして休憩します。

私はここで、毎年すずの可愛い置物を購入します。

写真の中の置物は、23年間分あります。

前列の11年間干支は「榊」のようなものを持ちその前年の12年間は「御幣(ごへい)」を持っています。

一回り(12年間)したら、持ち物が変わるようです。

来年のイノシシ年が終われば、持ち物が何になるのか楽しみです。

おはようございます。

私は仏教の大学で学び、今は仏教と書道を楽しく学んでいます。

弘法大師空海さんに関係のある高野山・伊勢神宮の近隣のパワースポットを探して

パワーを頂いています。

スピリチュアルなことが好きな、聖佳と申します。

この記事では参集殿、甘酒授与、神恩太鼓(和太鼓)のことを紹介しています。

あなたが伊勢神宮を参拝される時、この記事が少しでも参考になれば幸いです。

これから、地元民の私が紹介していきますね。

おたのしみに~ヽ(^o^)丿

■前回の記事はこちらから

一月十一日御饌(いちがつじゅういちにちみけ)神様の新年宴会の様子と1月の行事案内

「参集殿」でお茶を飲み休憩

参集殿はガラス張りになっているので、 いつ行っても明るくて清潔感があります。

お守りや御朱印帳 、そして置物などを購入できます。

私は毎年ここで置物と魔除けの鈴お購入します。

休憩所には長椅子・授乳室・ 無料の冷水や暖かいお茶がいただけます。

トイレもありますので、ここで休憩することをお勧めします。疲れが取れますから。

参集殿の前にある鯉の池

この池では必ず足を止めて、ゆっくり鯉を見ながら体の疲れを取ります。

カラフルな鯉や金色に輝いた鯉もいます。

眺めているとゆったりした時間が過ごせます。

やはり伊勢神宮はどこに行っても、 パワースポットです。

あなたの金運がアップしますように、 金色の鯉の写真を撮ってきました。

あなたに金運のご利益がありますように、お祈りいたします。私にも・・・

参集殿の裏手で、美味しい、甘酒授与所あり

スポンサーリンク

この原料となるお米は、神宮に奉納されたものを使っていますのでとても縁起がいいです。

甘酒はノンアルコールなので運転している方も安心していただけます。

料金は決まっておらず、行列の途中に志を入れる場所があります。

そこに、自分の思う金額を入れれば OK です。

その時に紙コップをいただきます。

10円~1000円までいろいろな金額が納められています。

白いぼうし、マスク、白衣を着た人 が紙コップに甘酒を注いでくださいます。

この時に、生姜を入れてくださいますが、味のアクセントになってとても美味しいです。

しかし、今年は初めて生姜がなかったです。

とても残念でしたが、甘酒はやはり美味しかったです。

私は日本酒の香りが苦手なのですが、神宮の甘酒はお酒の香りが全然なく 美味しくいただけます。

孫も大喜びして頂いています。その笑顔を見るのがこちらの楽しみでもあります。

甘酒の美味しさと孫の笑顔でダブルの喜びになります。

あなたも是非、初詣に来られたら甘酒を 頂いてください。お勧めしますヽ(^o^)丿

大晦日→PM23:00~1月1日 16:00まで

1月2日~6日→AM9:00~PM16:00まで

1月7日→AM9:00~正午まで

何年か前に、お米が取れなかったため、甘酒のなかった年があります。

またそのような年もあるかもしれません。

そのような年に遭遇した方には、残念というしかありません。

身体全体に響き渡る神恩太鼓

神恩太鼓を開催するところは、大きな石猫が目印になります。

おかげ横丁の猫のところを入って、まっすぐ行ったところにあります。

時間

11:00

12:30

14:30

この時間は確認してくださいね。

孫が初めて、この和太鼓を聴いた時、立ち上がり拍手をしました。

それを見て私たちは驚きましたが、強烈に感動したのでしょうね。

今回は、30分ぐらい前から席につき、豚捨のコロッケとまるてんのたこ棒 をいただきながら時間を待ちました。

和太鼓が始まると、音が響き地面まで揺れているようでした。

あなたにも、この感動を味わっていただきたいと思います。

おわりに

伊勢神宮は、すべてが、パワースポットになっています。

新年は、やはりお伊勢さんで初詣をして新たな気持ちで新年を迎えていただきたいです。

伊勢神宮には、神様がいらっしゃるのを実感していただけると思います。

■次回の記事はこちらから

宇治神社(うじじんじゃ)の足神さん(あしがみさん) 撫石は凄い!

■前回の記事はこちらから

一月十一日御饌(いちがつじゅういちにちみけ)神様の新年宴会の様子と1月の行事案内

私はマクロミルのアンケートで遊びに行くときの食事代をゲットしています!!

毎日コツコツすればOK

無料登録はここからできます↓↓↓



スポンサーリンク