風日祈宮→神楽殿→内宮正宮→パワースポット大木の神宮杉→御稲御倉→外幣殿→夜にも恐ろしい踏まぬ石

伊勢神宮のたった一つの汚点!あまり知られていない、夜にも恐ろしい踏まぬ石!

スポンサーリンク

天から降ってきたと伝えられている踏まぬ石!

風日祈宮(かざひのみのみや)~恐ろしい踏まぬ石まで (パワースポットと恐怖の石!)

おはようございます。

私は仏教の大学で学び、今は仏教と書道を楽しく学んでいます。

弘法大師空海さんに関係のある高野山・伊勢神宮の近隣のパワースポットを探して

パワーを頂いています。

スピリチュアルなことが好きな、聖佳と申します。

この記事では、風日祈宮→神楽殿→内宮正宮→大木の神宮杉→御稲御倉→

外幣殿→踏まぬ石の紹介をしています。

あなたが伊勢神宮を参拝される時、この記事が少しでも参考になれば幸いです。

これから、地元民の私が紹介していきますね。

おたのしみに~ヽ(^o^)丿

■前回の記事はこちらから

宇治橋を渡ればいよいよ聖域に!あまり知られていない超大切な神様が・・・

風日祈宮(かざひのみのみや)~恐ろしい踏まぬ石まで

正宮に行く道から撮りました↑。少し降りると↓が見えてきます

宇治橋のミニチュア版橋です。

風日祈宮(かざひのみのみや )は瀧祭神と同じ方向の右側にあります。

右手を見ながら歩いて行くと、宇治橋のミニチュア版の橋があります。

この橋は風日祈宮橋といい、五十鈴川の支流の島路川(しまじがわ)が流れています。

正宮に向かう道とは違い、とても静かなところです。

お正月でも風日祈宮に行く人はかなり少なく、少し寂しい気がしました。

祭神は級長津彦命(しなつひこのみこと)と級長戸辺命と(しなとべのみこと)。

外宮別宮の風宮と同じ雨風の神様で、農作物が順調に生育するようにと祈りが捧げられる社に

なります。

5月と8月に雨風の被害がないよう、五穀豊穣を祈って風日祈祭(かざひのみさい)が行われます。

元寇の時に神風を吹かせて蒙古軍を撃退して、国難を救った功績から別宮に昇格しました。

神楽殿(かぐらでん)

12月中頃なので人は少ないです。

神札(ふだ)授与所(じゅよじょ)、ご祈祷受付、御饌殿(みけでん)、神楽殿となってい

ます。

お神札授与所では、お神札、お守りを始め神棚等の授与を、ご祈祷受付では御神楽(おかぐ

ら)御饌などのご祈祷。また、参拝記念の御朱印もここでいただけます。

私がお正月前に御朱印を頂いたときには、並ばずにすぐ書いていただけましたが、元旦には

行列ができていました。

早く頂いておいてよかったですヽ(^o^)丿

御守りは、元旦に購入したかったので、かなり長い列に並びました。

これも、毎年の恒例行事です。

 内宮正宮(ないくうしょうぐう)

この写真は、元旦のではないので人は少ないです。12月中頃

祭神の 天照大御神(あまてらすおおみかみ)が祀られています

皇室の御祖神であり、五重の御垣に囲まれた一番奥のごせいでんに鎮座されています。

正宮は唯一神明造りです。

石段の上からは撮影が禁止されています。

この元旦の参拝者の多くを写真に収めたいと思っていたのですが、左側の流れの良い列に並ん

だので一生懸命階段を上っていたら、写真を撮るのすっかり忘れてた~。

いつもの通り、「なんてこった~」という感じです。

正宮の所で、 参拝するのに真ん中に並んでしまうと、全然動かないので 、両サイドの流れ

の良い列に並びます。

スポンサーリンク

もう少し若い時は、押し合いへし合いしながら、真ん中で参拝していましたが・・・今は少々

欲がなくなったのかな~。

それとも、無欲を悟ったのか・・・私も成長しましたヽ(^o^)丿

正宮では去年1年の感謝と、今年一年よろしくお願いします、と伝えるだけなのでお詣りする

場所は中央にこだわらなくてもいいのかと思っています。

しかし、 荒祭宮 (あらまつりのみや)では、ど真ん中で参拝します。

なぜかと言うと荒祭宮が唯一、個人的なお願い事を聞いてくださる神様ですから。

ここで、住所、氏名、年齢、携帯番号などなど私の情報をすべてお伝えします。

次にお願い事を一つします。

少し時間はかかりますが・・・私の後ろに並んで見える方、すみません。

先ほど「欲がなくなって、無欲を悟ったのかと」申し上げてしまいましたが・・・

ここで、間違いであることに気づきました。

欲とともに、生きている私でした。

失礼いたしました!!

一般の参拝は石段を上がり、外玉垣南御門の白い絹の御幌(みとばり)の前にて2拝2拍手1

拝の作法で参拝します。

2拝2拍手1拝の作法とはお賽銭を入れた後、 心を込めて感謝の気持ちを 伝えます。

①神前に進み、姿勢を正します。

② 腰を90度折り 、深いお辞儀を2回。

③胸の高さで手を合わせます。

④右手を左手より少し下にずらし、2回手を打ち鳴らします。

⑤ずらした手を戻し、自分の名前と住所を告げます。

⑥謙虚な気持ちで願い事を心の中で唱えます。

⑦最後に深く1回お辞儀。

⑧神殿から下がる際、鳥居のところでのも神殿に向かって1拝。

大木の神宮杉、パワースポット

この人は私ではありません。

これが私です。手首にしているミサンガは、空海さんの高野山で頂いてきました。

まず御正宮で参拝した後、荒祭宮のほうに行く途中に人気の神宮杉があります。

皆さんがご利益を求めて根元に触りまくるので、木肌がツルツル、テカテカに光ってます。

私も、ご利益が頂きたいので、触ってきましたが、神宮杉さんが痛々しく感じたので、手を当

てるだけにしてきました。

見てください!わたくしの美しい手です!

「えっ!」しわだらけだ~なんて言っている声が聞こえますが・・・空耳ですね。

御稲御倉(みしねのみくら)

祭神は御稲御倉神(みしねのみくらのかみ)

伊勢市楠部町(くすべちょう)にある神宮神田で収穫されたイネが納められる倉になります。

三節祭で天照大御の神に捧げられます。

外幣殿(げへいでん)

仲良しの親子さんが歩いてみえます。いいですね~

古い神宝が納められている殿になります。

恐怖の・・・踏まぬ石 天から降ってきた石と言われている

階段の途中にひとつだけ奇妙な置き方がされた石こそが、あまり知れ渡っていない踏まぬ石

割れてる、何人かが踏んでいますね。恐ろしや~~!

言い伝えによると、割れ目が天という字に見えることから、天から降ってきたとか・・・

人に見えるとか・・・

この石をうっかり踏むと、骨折したとか、足の病気を患ったとか、悪評があります。

くれぐれも、踏まないようにしてください。

全部で55段あります。下から14~15段目にあります。

今、足の膝が痛い人、以前にこの石をうっかり踏みつけていませんか?

写真の、あなた! 踏みそうですよ・・・というか、すでに踏んでしまったかも、足に気を付けてください。

だから~!!  真ん中は神様が通る道ですよ。

この女性の位置では完全に踏んでいますね。お気の毒様~(^-^;

グレーのコートのあなた、荒祭宮さんで足怪我しないようにおねがいしてきてね~。

残念ですが・・・一つだけお願い事ができる神様なので使ってしまいますね。

まとめ

パワーのある大杉に耳を当てて音を聞いている人がみえました。

自然と触れ合っている光景は、ほのぼのします。

伊勢神宮全体にパワーがあるので、楽しんでいってほしいと思います。

踏まぬ石だけは気を付けて、踏まないようにしてください。

■次回の記事はこちらから

さあいよいよ2つの最強パワースポット荒祭宮へ出発進行! そして神宮の神様(125)社の新年宴会!

■前回の記事はこちらから

宇治橋を渡ればいよいよ聖域に!あまり知られていない超大切な神様が・・・

スポンサーリンク