俗界と神様の聖域の架け橋、宇治橋からすでにパワーあり!擬宝珠(ぎぼし)に隠された秘密とは! そして、1月2日のスーパームーン!

俗界と神様の聖域の架け橋、宇治橋からすでにパワーあり!擬宝珠(ぎぼし)に隠された秘密とは! そして、1月2日のスーパームーン!

スポンサーリンク

宇治橋は聖域内宮への入り口の大橋

五十鈴川にかかる檜造りの橋で全長101.8メートルほど平成21年に新しい橋に架け替えられています。

冬至の日には、ここから朝日の昇る素晴らしい景色を見ることができます。

おはようございます。

私は仏教の大学で学び、今は仏教と書道を楽しく学んでいます。

弘法大師空海さんに関係のある高野山・伊勢神宮の近隣のパワースポットを探してパワーを頂いています。

スピリチュアルなことが好きな、聖佳と申します。

この記事では神の聖域に訪れるための大切な架け橋、宇治橋のことについて

紹介しています。

あなたが伊勢神宮を参拝される時、この記事が少しでも参考になれば幸いです。

これから、地元民の私が紹介していきますね。

おたのしみに~ヽ(^o^)丿

■前回の記事はこちらから

訪れた人は必ずこう言う「伊勢神宮は他とは違う」・・・巨大パワー溢れる・伊勢神宮の
潜入捜査開始!

宇治橋の全長は101.8メートルの大橋

長さ101、8 メートル あり、幅は8、4メートルの大きい檜造りのアーチ形和橋です。

橋の欄干の上に16基の擬宝珠があります。この中の1つに秘密が・・・!!

大鳥居の前に立ち向かって、左側の手前から2番目の擬宝珠の中には宇治橋の守り神饗土橋姫神社で(あえどはしひめじんじゃ)祈祷された万度麻(まんどぬさ)という神札が納められています。

擬宝珠の色を見ると分かると思いますが、ピカピカと光っています

知っている人だけが、得をする~!

これであなたも、得する人の仲間入り

ヽ(^o^)丿

良かった!良かった!

神札が入っているので、参拝した帰りに 触れてください。

きっと、きっとご利益が。

宇治橋はいつごろ頃かけられたのか

2000年の歴史を持つといわれている伊勢神宮ですが、 この地に橋が架けられたのは鎌倉時代以降になります。

1434年26代将軍足利義教(あしかがよしのり)が寄進した橋が現在の宇治橋の原型という説もあります。

昔は橋が洪水などでよく流されたため、橋の祈祷が盛んに行われていました。

20年に一度の架け替え儀式 「式年遷宮」

伊勢神宮最大の祭典が20年に1度の「式年遷宮」です。

「式年遷宮」とは、20年に1度、神をまつる社殿を新しく造営し別の殿舎に移動します。

この行事は1300年続く大祭です。

式年遷宮の「式年」とは「定められた年」と言う意味、また「遷宮」とは、御祭神(神様)を別の殿舎へ遷す(うつす)ことです。

スポンサーリンク

明治以降に宇治橋の架け替えも式年遷宮行事の一つとして加えられました。

平成21年に新しい宇治橋に変わっています。

2013年の式年遷宮では、過去最多の1420万人が訪れました。

「宇治橋さ~ん! よく頑張ったね~ありがとう~(^^)/」

鳥居の木は 大切に再・再利用

宇治橋のふたつの鳥居には、内宮・外宮の正殿の 棟持柱(むなもちばしら) 出して20年使われた古材が用いられています。

宇治橋鳥居として20年頑張ってくれたあとも内の鳥居は鈴鹿峠のふもとの「関の追分」外の鳥居は桑名の「七里の渡の鳥居としてさらに20年頑張ります。

大切に使われているのですね。

この、鳥居の間から昇る朝日を、ぜひご覧になってください。

冬至のの日が最高です!!

絶景が見えるように、鳥居と宇治橋が設計されていますよ(^_^)

凄いと思いませんかヽ(^o^)丿

よく考えられていますね。

流石!日本最高峰の伊勢神宮です。

20年間でどれぐらいの人が宇治橋を渡るのでしょうか。

伊勢神宮の20年間の参拝者は約1億5千人以上といわれています。

15㎝の檜の橋板が6㎝も摩擦によりすり減ってしまうといいます。

大勢の参拝者を支える橋には,橋板を並べる作業に「すりあわせ」と呼ばれる船大工独特の造船技術が活かされています。

3代夫婦が渡り始め

新しくなった宇治橋では、渡始式が古式にのっとり行われます。

式では旧神領内から選ばれた「渡女」(わたりめ)と呼ばれる老女がその夫、子供夫婦、孫夫婦を従えて渡源をするのが習わしです。

夫婦が三世代揃った家族が渡って橋の長久を願います。

1月2日はスーパームーンの日

上の写真はデジカメで撮り、下の写真はスマートホンです。

スーパームーンとは地球にもっとも近づいた状況で満月あるいは新月になった月の姿。

実は、スーパームーンの日とは全然知らなかったのですが、夜なのに外があまりにも明るいので、どうしてなのかな~と思い外に出てみたら、お月様がいつもより大きくて、「奇麗だね~」と娘と見ていて・・・

二人は、「はっ!」と気が付いた!(スーパームーンの日だ~!)

娘は急いで携帯を撮りに家に戻り、美しいスーパームーンを撮り、私も急いで家に戻りお財布をスーパームーンにかざして、「お金よ増えろ~」と叫んでいました。

満月の日には時々財布をお月様にかざしています。

スーパームーンなんて気づいたら、「えらいこっちゃ~」私にとっては大祭り

ヽ(^o^)丿

あの大金持ちの北島三郎さんがしているそうですよ~絶対に効果あり!

しかし、その反面、恐ろしいことも・・・

地震との関係もありかもしれないということです。

地震に対する備えもしておかないとね。

毎年、1月4日は総理大臣が伊勢神宮に参拝にみえる日です。

私は行けなかった・・・残念。(-_-;)

まとめ

宇治橋を渡るときは、宇治橋さんに感謝して、五十鈴川の美しさを堪能しながら神様の領域に入っていくことを認識しながら、盛りだくさんのパワーを頂いてください!

■次回の記事はこちらから

宇治橋を渡ればいよいよ聖域に!あまり知られていない超大切な神様が・・・

■前回の記事はこちらから

訪れた人は必ずこう言う「伊勢神宮は他とは違う」・・・巨大パワー溢れる・伊勢神宮の
潜入捜査開始!

スポンサーリンク


コメント

  1. シードラゴン より:

    二枚目の写真は京都の宇治橋ですよね?伊勢の宇治橋ではないと思いますが?

    • kuukai168 より:

      シードラゴンさん初めまして、ご指摘ありがとうございます。

      間違えて載せてしまったようです。

      確認不足でした。

      削除させていただきます。

      今度、伊勢神宮に参拝に行ったとき写真を撮って載せさせていただきます。

      ありがとうございました。