見興玉神社を参拝した後は、伊勢神宮外宮へと向かう

二見興玉神社を参拝した後は、伊勢神宮外宮へと向かう、外宮の別宮はいくつあるの? 神宮干支の一刀彫すべて そして、なんと駐車場は無料!!

スポンサーリンク

今年一年健康で無事に過ごせたことの感謝とお礼

外宮さんの駐車場は、いつもすんなり止められて無料です。

ありがたい、ありがたい!

内宮さんは1000円駐車料金が必要です。

以前は、無料だったのに・・・残念!!

12年間の神宮一刀彫の干支たちです。前列から子・丑・寅・卯・辰・未・午・未・申・酉・戌・亥・12支、勢ぞろいです。

前回は、外宮さんのパワースポットを紹介いたしましたが、今回は外宮さんの神様を紹介しています。

外宮さんの前にある伊勢市観光案内所でパンフレットを沢山いただいてください。

わかりやすいです。

外宮さんのあんない地図です。わかりやすいですよ~

おはようございます。

私は仏教の大学で学び、今は仏教と書道を楽しく学んでいます。

弘法大師空海さんに関係のある高野山・伊勢神宮の近隣のパワースポットを探してパワーを頂いています。

とくに高野山では、お礼を言い尽くせないほどのご利益を頂いています。

スピリチュアルなことが好きな、聖佳と申します。

あなたが伊勢神宮を参拝される時、この記事が少しでも参考になれば幸いです。

■前回の記事はこちらから

二見で禊をしたら次は→外宮さんで参拝!参拝時間・アクセス・駐車場・宿泊施設 ・見落としやすい清盛楠 (きよもりぐす)パワースポット2点

一年の感謝を捧げ、清々しい気持ちで参拝です。

伊勢神宮外宮は左側通行がルールです(^^)/

参道では真ん中が神様の通り道とされています。

たくさんのパワーはいただけますが、お願い事はできませんから~ね。

お礼を申し上げるだけですよ~(^_^)

しかし、安心してください!

個人のお願い事を聞いてくださる神様はいます。

それは・・・秘密と言いたいですが、あなただけに年末大サービスです。

内宮さんの荒祭宮(あらまつりのみおや)です。

ここだけが個人のお願い事を聞いてくださいます。

エッ!ご存知でしたか~あらら~それは失礼いたしました。

この頃、荒祭宮さんは人気店のように凄い行列になっています。

たくさんの人が、お願い事をするので、神様も大変だと思います。

あなたがお願い事をするとき、住所とお名前を必ず伝えてからお願い事をしてくださいね。

内宮さんは 、鳥居のすぐ傍からおはらい町通りとおかげ横丁があるのでとても賑やかですがそれに比べて外宮さんは鳥居の前が幅の広い道路になっていてお店屋さんの通りとは少し道を隔てているので、 神宮自体は凛として物静かです。

外宮正宮(げくうしょうぐう)

外宮正宮(げくうしょうぐう)は豊受大御神(とようけのおおみかみ)正宮は、豊受の和魂(にぎみたま)という優しい魂を祀っています。

参拝の人々も、穏やかにお詣りされています。

多賀宮(たかのみや)(外宮内)第一の別宮(1)

多賀宮は、豊受の荒魂(あらみたま)という強いパワー(積極的、活動的な霊)を祀っています。

正宮に次ぐ別宮になります。

とても力強いエネルギーを感じます。

98段の石段を登り、多賀宮(たかのみや)に行きます。

とても高い場所にまつられているから昔は高宮(たかのみや)とも言いました。

少し階段を上りますが、運動不足の私には、ちょうどいいです。

多賀宮のそばの大木からも強いパワーを感じました。

特徴のない大木ですが、他の参拝者の方たちも立ち止まり、木に手をかざして何かを感じているようでした。

それこそCMソングの「この木なんの木、気になる木・・・」でした。

すみません(-_-;)

土宮(つちのみや)(外宮内)(2)

外宮の地主の神である大土御祖神(おおつちみおやのかみ)を祀る土宮(つちのみや)亀石を渡って右手にある別宮です。

外宮の土地を守り、宮川の氾濫を防ぐ堤防守護の神様を祀っています。

土宮は元々は土社(つちのやし)と呼ばれており、古くから外宮と別院・多賀の宮に挟まれるように鎮座しています。

12世紀頃に宮川流域の開拓が進むとともに、度々氾濫を繰り返す 宮川を鎮めんとの願いを込め、別宮に昇格しました。

他の別宮が南を向いているのに対して、土宮は東を向いているという、古くからの形が継承されています。

風宮(かぜのみや)(外宮内)(3)

風と雨を司る豊穣をもたらす守護神 です。

蒙古襲来の時に神風を吹かせて蒙古軍の船を沈めてたといわれる。

その功績から別宮へと昇格しています。

級長津彦命(になつひこのみこと)と級長戸辺命(しなとべのみこと)2神が祀られています。

農作物の成長を妨げないよう、天候の順調が祈られています。

下御井神社(しものみいのじんじゃ)、水の神様

水の神様、下御井(しものみい)神社

ここは、皆さん参拝されませんが、とても大切な神様の水源になります。

ここも忘れずに参拝して下さいね。

場所は多賀宮から降りてきて、土宮を左に曲がったところにあります。

上御井神社もありますが、ここは入ることはできません。

もっとも重要な神宮の井戸になります。

月夜見宮(つきよみのみや)(外宮外) (4)

スポンサーリンク

車窓からです。外宮からまっすぐの道で「神路通り」です。

突き当りが月夜見宮です。白馬の伝承の道です。

いつ行っても、静かに吸い込まれていくようです。

この大木にパワーを感じたので、とりあえず写真に撮っておいたら、なんと!

木の真ん中が鷲の顔に見えて両手を広げているように見えます!

うわ~立派! 凛々しい木です。

今度行ったときは、もっとしっかりパワーをもらって来ようヽ(^o^)丿

月夜見宮(つきよみのみや)は外宮の外にあります。

外宮の北御門口は約300 メートルの「神路通り」と呼ばれるまっすぐな道で結ばれています。

この道は夜になると月夜見尊が石垣の一つの石を白馬に変えて外宮にお参りになるという伝承があります。

夢ある伝承ですね。

月夜見宮は、月夜見尊、月夜見尊荒御魂を祀っているところです。

読んで字のごとく、というのでしょうか、伝承にもあるように、月と夜のパワーを感じます。

何度行っても、パーッと明るい感じではなく、静かな感じで、優しく受け止めてくださっているように感じます。

月夜見宮の御朱印を頂いてきました。

とっておきの、宿泊の宿

斎王の宮→伊勢に佇む 王朝浪漫の夢見宿

星出館→伊勢河崎の町の宿

伊勢パールピア→近鉄伊勢駅から徒歩2分 、外宮参拝に便利

キャッスルイン伊勢→宿泊されると12階の大浴場は24時間いつでも入れます。

おく文→料理旅館

まとめ

外宮さんで、健康に暮らせたことや、無事に1年終わらせていただいたことへの感謝の気持ちを伝えて、お礼を言っておきましょう。

そして、新しい年のパワーを頂いてきましょう。

■次回の記事はこちらから

二見で禊をして→ 外宮を参拝→内宮おかげ参道地下で噂のハートマーク発見!

■前回の記事はこちらから

二見で禊をしたら次は→外宮さんで参拝!参拝時間・アクセス・駐車場・宿泊施設 ・見落としやすい清盛楠 (きよもりぐす)パワースポット2点

スポンサーリンク