高野山地図・大門から33番目の宿坊・高室院(たかむろいん)

高野山地図・大門→33番目の宿坊・高室院(たかむろいん)

スポンサーリンク

今も使われている小田原通りの地名を生んだのはなんと! 高室院の開祖

戦国時代に生き抜いた 武将たちの姿が浮かぶお寺です。

小田原北条氏は5代にわたって関東で栄えました。

しかし豊臣秀吉の小田原攻めを受けて敗北し城を明け渡しました。

そんな壮絶な乱世を生き抜いた戦国武将たちの歴史を感じることのできる高室院です。

この記事では、高野山の宿坊(高室院)について紹介しています。

おはようございます。

私は仏教の大学で学び、今は仏教と書道を楽しく学んでいます。

スピリチュアルなことが好きな、聖佳と申します。

歴史を感じられる、小田原北条家ゆかりのお寺です。

あなたが宿坊を利用される時、この記事が参考になれば幸いです。

■前回の記事はこちらから

高野山地図・大門→32番目の宿場、普賢院(ふげんいん)の紹介と口コミ 普賢菩薩を空海の弟子が彫り、 空海が点眼!

大門から数えて33番目の宿坊 高室院(たかむろいん)

高室院資料

建立は鎌倉時代

開基

房海阿闍梨(ぼうかいあじゃり)

本尊

薬師如来で(秘仏)、 阿閦如来(あしゅくにょらい)

体験

朝勤行

(夏は6時~、冬は6時半~)

部屋は壁仕切り個室17室、ふすま仕切り個室10室

収容人数は個人約100名、団体約100名

設備は庭園、洋式トイレ

駐車場はバスなら7台、乗用車なら30台

一般拝観できます(9時~17時)

お問い合わせはTEL 0736-56-2005

宿坊は宿坊組合に紹介してもらうこともできます。

お問い合わせは TEL0736-56-2616

小田原北条家ゆかりの札所寺院

鎌倉時代から続く高室院は、北条氏直が 1年間、謹慎 していた場所です。

小田原北条氏は戦国時代、関東の名門 でありました。

初代が北条早雲であり元の名前は伊勢新九郎(いせしんくろう) と言いますが、今川氏に仕えて勢力を伸ばしました。

早雲の後を継いだ氏綱(うじつな)が 「北条」の名を名乗って小田原を本拠地として、3代氏康(うじやす)・4代氏政(うじまさ)・5代氏直(うじなお)続きました。

しかし、1590年(天正18年)に豊臣秀吉に 小田原城は包囲され、敗北してしまいました。

5代目の北条氏直は高野山へ送られ、謹慎を命じられました。

その場所が高室院になります。

一年間で秀吉に許されて高野山から下山しましたが、氏直は病を患い30歳の 若さで病死してしまいました。

その後 、従弟の氏盛が一万石を与えられて河内狭山藩主として大名に復帰しました。

信長・秀吉・家康に仕えた人たちの壮絶なドラマが繰り広げられた時代の痕跡が痛々しく感じます。

高野山には戦国時代の歴史がぎっしり詰まっているように思います。

戦国時代に生まれなくて本当に良かった!

スポンサーリンク

高室院とは

鎌倉時代に村上天皇の血を引く房海僧侶が、高野山に智恵門院 を開いたことから始まります。

後に智恵門院 は「高室院」と呼ばれるようになりますが、 北条氏直の蟄居の場所 にもなりました。

そのため、 北条家ゆかりの宿坊として、お寺には 北条家の家紋である「三つ 鱗」が所々に見られます。

お寺の宿坊には それぞれの 紋があります、それを見るのも楽しみの一つになりますね。

札所寺院 ・巡礼の宿坊高室院

「高西国薬師49霊場巡り」「紀伊之国十三仏霊場」の札所寺院でもあります。

1984年に再建された本堂には薬師如来と阿閦如来が祀られ、護摩道には不動明王が祀られています。

本堂に祀られている薬師如来と阿閦如来をお参りにみえる人が増えているそうです。

山門を通り、玄関に向かっていくと弘法大師空海さまがお出迎えしてくださっています

口コミ

良いところ

薬師如来と阿閦如来の二つの御朱印をいただきました。

宿坊なのでそれなりの対応でしたがお部屋は広かったです。

朝は6時からお勤めとしての仏教があり 、自由参加できます。

良い経験ができたと思います。

中心部にあるのでどこからでもアクセスしやすく、いつも参拝者で賑わっています。

納経帳をお預けしている間に、本堂のお薬師様にお会いすることができます。

パンフレットも頂きおまけに可愛いプリントのハンカチまでいただいて有意義なひとときを過ごせました。

綺麗な襖絵が見られます。金色がとてもきらびやかで眩しいくらいでした。

綺麗に手入れされていて、眺めていると心落ち着きます。

薬師如来などが重要文化財に指定されており、見る価値あり。

悪いところ

宿坊に観光客なんかが泊まって食事をするとお寺さんは儲かるのかな~?

なぜこんなこと思ったかと言うと、宿泊客以外はあまり喜ばれているように感じなかったからです。

高野山の宿坊は精進料理は全国的に評判が悪いですのであまり過大な期待はされない方が良いかと思います。

トイレが共同なので夜寒くて嫌でした。

全く対応がダメなところでした。

この口コミは個人の方のご意見・ご感想です。

その人の受け取り方にもよりますので参考までに(^^)/

まとめ

歴史ある宿坊です。

巡礼のお参りの宿坊になっていますね。

少々辛口の口コミがあるのが、残念ですね。

私がお詣りさせていただいたときも対応はあっさりしていましたが、私は好きな対応でした。

ほっておいていただいたほうが、ゆっくりお詣りができます。

御朱印頂いてきました。

■次回の記事はこちらから

高野山地図・大門から34番目の宿坊・金剛三昧院(こんごうさんまいいん)

■前回の記事はこちらから

高野山地図・大門→32番目の宿場、普賢院(ふげんいん)の紹介と口コミ 普賢菩薩を空海の弟子が彫り、 空海が点眼!

高野山のすべての宿坊(1番~52番)紹介と口コミ

■ 高室院( 33番目)の場所の地図はこちらの記事から(一番下に記載)

高野山の聖地・周辺の見どころ

スポンサーリンク