高野山地図・大門→ 32番目の 宿坊、普賢院(ふげんいん) の紹介と口コミ 普賢菩薩を空海の弟子が彫り、空海が点眼!

高野山地図・大門→ 32番目の 宿坊、普賢院(ふげんいん) の紹介と口コミ 普賢菩薩を空海の弟子が彫り、空海が点眼!

スポンサーリンク

見どころ が盛り沢山!

様々な体験ができる祈りのための普賢院

門の扉の素敵な彫刻に見とれてしまい足止めされます。

松尾芭蕉や多くの俳人が訪れて います。

この記事では、高野山の宿坊(普賢院)について紹介しています。

おはようございます。

私は仏教の大学で学び、今は仏教と書道を楽しく学んでいます。

スピリチュアルなことが好きな、聖佳と申します。

様々な体験や見どころの多い宿坊です。

あなたが宿坊を利用される時、この記事が参考になれば幸いです。

■前回の記事はこちらから

高野山地図・大門→31番目の普門院 「心」の池

大門から数えて32番目の宿坊 普賢院(ふげんいん)

普賢院資料

建立は 12世紀

開基は 覚王親王(かくおうしんのう)

本尊は普賢菩薩

体験は朝勤行(6時~)、写経(予約が必要です、1000円)

部屋は壁仕切り個室36室、ふすま仕切り個室8室

設備は庭園、洋式トイレ、エレベーター、テレビ、金庫

備品は 浴衣とタオルと歯ブラシは用意されています。

一般拝観できます。(9時~17時)

お問い合わせはTEL 0736-56-2131

【この宿の宿泊プランを見る】

宿坊は宿坊組合に紹介してもらうこともできます。

お問い合わせは TEL0736-56-2616

普賢菩薩を空海の 弟子の 道雄(どうゆう)が彫り、空海が点眼!

普賢院は12世紀に、覚王(かくおう) 親王が 高野山を訪れた時、 力乗(りきじょう)

という 僧に与えられたことから 、始まりました。

本尊は普賢菩薩で弘法大師空海の十大弟子である道雄(どうゆう)が彫り、空海が開眼供

養をしたと言われています。

※開眼供養とは新たに仏像や仏具を作った時、最後に目を入れて仏の魂を入れること

1143年に本堂は建立されましたが、その後高野山大火によって焼失してしまいました。

現在の本堂は四脚門とともに、高野山東照宮の拝殿から移築されたものです。

普賢院とは仏舎利が祀られているお寺

1996年に ネパールから仏舎利が請来されました。

森寛勝 住職がネパールに行き、帰りは仏舎利を抱えたまま 、仏教がインドから日本へと伝わったであろう道を通って、帰国したそうです。

仏舎利は摩尼殿(まにでん)地下の光明心殿(こうみょうしんでん)に収められています。

スポンサーリンク

光明心殿内の回廊には 、マニ車(108基)があり 回転させた数だけお経を唱えたのと同

じ功徳がえられるとされています。

一日中、回していたい気分ですねヽ(^o^)丿 欲張りな私・・・

また、回廊内にはブッタガヤなど仏教八大聖地の砂が埋められ、回廊を一周することで八

大仏跡巡礼お砂踏みを体験できます。

本堂前には、仏足石もあるそうです、見逃さないように!

こんなこと書いている私ですが・・・見事に見逃してしまいました(-_-;)

これだけでも、来て良かったと思える宿坊ですね。

松尾芭蕉が祀られた芭蕉堂

松尾芭蕉は、主君藤堂良忠の遺髪を報恩院に納めましたが、時代の流れにとともに普賢院

と合併 しました。

そのような縁があって芭蕉堂を建立しています。

芭蕉堂には句帳が置かれ、参拝者が句を残されています。

その作品は3万句以上となっているそうです。

俳句が好きな人たちが訪れ、句会も催されています。

俳句の好きな方は、訪れて句を残していかれてはいかがでしょうか 。

私も、一句残してみたいと思っていますが・・・あっ!

俳句力がないことに気づきました・・・残念!

口コミ

良いところ

部屋もトイレもお風呂も非常に綺麗にしてあって予想以上でした。

早朝の勤行参加と住職さんがネパールから持ち帰られたと言う仏舎利拝観は貴重な体験でした。

細やかな気配りがあり高野山での滞在におすすめの宿坊です

お月見の日だったので特別なお経や月見団子もあったりしました。

お月見にまつわるお話(観月会)などを聞いて、なるほどと思い勉強になりました。

コンビニもあるので、素泊まりの方(5000円~6000円)にとっては便利です。

悪いところ

天ぷらが冷たいのはちょっと残念でした。

他の部屋の人の物音、足音がうるさくて、写経に集中できませんでした。

料理に関しては、精進料理で量も少なく、豪華さに欠けますが、味付けは薄味でしっかりしておりました。

この口コミは個人の方のご意見・ご感想です。

その人の受け取り方にもよりますので参考までに(^^)/

【 もっと詳しく知りたい人はこちらのリンク先から見てくださいね 】

まとめ

お月見の時(観月会)に行かれるのも特別な1日になりますね

コンビニができたので、素泊まりの人にも便利です。

見みどころがたくさんあり、色々な体験もできます。

また来たいと希望されている人が多くいらっしゃいますので、おすすめの宿坊になりますね。

マニ車もたくさん回してきてください。

バリアフリーにも心配りがされています。

最後に私のことですが、高野山に行くと何かが起こります

一番最初に高野山を訪れたときは、主人の腰痛がピタリと治りましたが、しばらくは
また痛くなるのではと思っていました・・・いまだに再発していません。

本当に、ありがたい事です。

偶然だと思いますが・・・今回は、新車同然の車を譲り受けました。

高野山の弘法大師空海さまに、お礼に行かなければと思っています。

御朱印を頂いてきました。

■次回の記事はこちらから

高野山地図・大門から33番目の宿坊・高室院(たかむろいん)

■前回の記事はこちらから

高野山地図・大門→31番目の普門院 「心」の池

高野山のすべての宿坊(1番~52番)紹介と口コミ

■ 普賢院( 32 番目)の場所の地図はこちらの記事から(一番下に記載)

高野山の聖地・周辺の見どころ

スポンサーリンク