高野山地図・大門→31番目の普門院(ふもんいん)の紹介と口コミ 池が「心」の字に!

高野山地図・大門→31番目の宿坊 普門院(ふもんいん)の紹介と口コミ 池が「心」の字に!

スポンサーリンク

庭園に「心」の字が描かれている池!

弘法大師空海の師匠である勤操大徳(ごんぞうだいとく)が、空海の高野山開創により、空海を訪ね、ともに過ごしました。

この時に建立されたのが普門院(ふもんいん)で、別名(ご師範寺)とも呼ばれています。

普門院には弘法大師空海の描いた勤操大徳の絵があります。

この肖像画は国宝に指定されています。

さらに、名庭園が心安らかにしてくれます。

この記事では、高野山の宿坊(普門院)について紹介しています。

こんばんは~(^_^)

私は仏教の大学で学び、今は仏教と書道を楽しく学んでいます。

スピリチュアルなことが好きな、聖佳と申します。

それはそれは、素敵な絵画のような庭園を見ることができます。

あなたが宿坊を利用される時、この記事が参考になれば幸いです。

■前回の記事はこちらから

高野山地図・大門→30番目の本王院の紹介と口コミ

大門から数えて31番目の宿坊 普門院(ふもんいん)

普門院の資料

建立は824年

開基は勤操大徳

体験は朝勤行(6時30分~)、写経(予約が必要です)

部屋は壁仕切り個室17室 ふすま仕切り個室2室

設備は庭園、茶室、洋式トイレ、エレベーター

駐車場  大型バス 2台 乗用車なら6台

一般拝観できません。
(宿泊者のみ拝観できますが事前に確認してください)

お問い合わせTEL 0736-56-2224

【この宿の宿泊プランを見る】

宿坊は宿坊組合に紹介してもらうこともできます。

お問い合わせは TEL0736-56-2616

空海の高野山開創に関わる、普門院!

普門院を建立した空海の師匠・勤操大徳

この勤操大徳は当時の平城京で国家仏教を学び、広めるための重要な人物であり、大安寺の住職を務めていました。

また普門院には、小堀遠州(こぼりえんしゅう)作の名庭園 があり「心」という字を かたちどった池があります。

この庭園は、高野山随一の名園といわれています。

2階の部屋からこの景色を楽しむことができます。

ここの宿坊を予約する時に、庭園のよく見える2階を予約されると、ここの宿坊の良さがより一層、感じられると思います。

ゆっくり、名庭園を楽しんでみてはいかがでしょうか。

本堂は山内の大火(1888年)で 焼失してしまいましたが、徳川家霊台の拝殿を再利用したものです。

そのため、天井を見上げると徳川家の家紋が描かれている。

柱にも家紋「三つ葉葵」があしらわれています。

徳川家の家紋の夢を見そうなぐらいびっしりと天井板に描かれています。

そして、普門院の上段の間には、戦国時代に催された豊臣秀吉の吉野の桜見物の障壁画があります。

館内にはエレベーターも管理されていて、体力に自信のない人にも安心です。

スポンサーリンク

浴室も清潔で、大浴場はリニューアルしており、浴室には十和田石が使われています。

宿泊には色々なプランがあるので、自分にぴったりのプランを見つけてください。

口コミ

良いところ

洗面所、トイレ共に清潔で、立地も良かったです。

庭園に面した部屋で、夜は蛙の鳴き声が聞こえ、とても情緒豊かな時間が過ごせました。

宿坊としては普通。

食事も大変美味しく頂きましたし(天ぷらは確かに揚げたてではないけど、普通に美味しく頂きました)、大広間での食事ですが、隣にはついたてをおいてくれてますので、周りに気兼ねなく食事が出来ます。

バスタオルがないとありましたが、きちんと用意されてましたし、連泊しましたが、タオルも浴衣も歯ブラシも替えてくれてました。

初めて宿坊にお世話になりました。精進料理を美味しく食し、朝の勤行も経験出来ました。風呂・洗面・トイレは共同でしたが、とても新しく清潔で使い易かった。

立地、駐車場など申し分ありませんでした。

歴史ある高野山の塔頭の中でも、エレベーターや、椅子の食事部屋、家族風呂、そして私が左半身が不自由なため、車椅子をかしてくださったり、ハード、サービス面でも安心して過ごす事が出来ました。

膝が悪いので唯一ベッドがある宿坊ということで、普門院さんを選びました。

部屋に忘れ物をした際もご連絡頂いたり、案内所へ車いすの手配をしてくださったり、感謝です。

こたつとストーブも用意して下さってたので、日常の喧騒を忘れて気持ちは女学生に戻り、久しぶりにおこたでおしゃべりもしました。

悪いところ

一番残念な事が、数珠プレゼントのプランだったのに、それが無かった事です。

当日客が少なかったので浴室が1つで男女時間交代制でした。

また特別室専用の家族風呂も無しでした。

宿坊なので仕方が無いのでしょうか。でも特別料金を取っているのですからね・・・。

ただ1つとても残念なのはお風呂の湯船のお湯です。

脱衣所も洗面もとても新しく快適なのですが湯船のお湯は前日からの使い回しでした。

チェックイン開始時間にチェックインしたので間違いなく一番風呂のはずがお湯にたくさんの髪の毛やホコリなのどが浮いていました。お湯も濁っていました。またとてもぬるく浸かるのに勇気がいりました。

部屋の壁が薄く、隣の話し声が聞こえ、よく眠れませんでした。

お風呂が19時までと時間制限がありあわただしかったのが残念な点です。

宿坊の人がタバコを吸い始めると、坊内の廊下全体にその臭いが漂うのが一番大きな不満でした。

この口コミは個人の方のご意見・ご感想です。

その人の受け取り方にもよりますので参考までに(^^)/

【 もっと詳しく知りたい人はこちらのリンク先から見てくださいね 】

まとめ

ここに泊まったら、庭園に注目です「心」の字をかたどった池を見てくださいね。

エレベーターが設置されているので、足の悪い人でも安心ですね。

話し声が気になる方は、予約するときに壁仕切りのお部屋を選ばれるといいですね。

徳川の家紋を見て、歴史を感じ取ってください。

御朱印を頂いてきました

■次回の記事はこちらから

高野山地図・大門→ 32番目の 宿坊、普賢院(ふげんいん) の紹介と口コミ 普賢菩薩を空海の弟子が彫り、空海が点眼!

■前回の記事はこちらから

高野山地図・大門→30番目の本王院の紹介と口コミ

高野山のすべての宿坊(1番~52番)紹介と口コミ

■普門 院(31 番目)の場所の地図はこちらの記事から(一番下に記載)

高野山の聖地・周辺の見どころ

スポンサーリンク