大門→ 20番目の宿坊 安養院(あんにょういん)の紹介と口コミ  アルコール中毒家系!

大門→ 20番目の宿坊 安養院(あんにょういん)の紹介と口コミ  アルコール中毒家系!

スポンサーリンク

毛利家代々の位牌が祀られている宿坊(安養院)

戦国大名の毛利家と師壇関係 を結び、代々の位牌を祀っている安養院。

毛利元就は騙され城を追い出され領民に「乞食若殿」と呼ばれていた!

この記事では、高野山の宿坊について紹介しています。

おはようございます。

私は仏教の大学で学び、今は仏教と書道を楽しく学んでいます。

スピリチュアルなことが好きな、聖佳と申します。

手入れが行き届いた素晴らしい境内 !渦のような砂模様が美しい !

あなたが宿坊を利用される時、この記事が参考になれば幸いです。

■前回の記事はこちらから

大門→19番目の宿坊一乗院紹介と口コミ 本格的な朝勤行、メロディーをつけてのお経とは ?

大門→( 20番目の宿坊・安養院)

安養院の資料

本尊

金剛界大日如来(重要文化財)

体験

朝勤行、(6時半からです)、写経は予約が必要です。

護摩祈願 真言密教の秘宝「護摩」にて祈願。

設備は洋式トイレ、大浴場、小浴場

一般拝観できません。

(宿泊者のみ拝観できますが事前に確認してください)

お問い合わせは 電話TEL 0736-56-2010

宿坊は宿坊組合に紹介してもらうこともできます。

お問い合わせは

TEL0736-56-2616

安養院は高野山の中央に位置し参拝には最も便利な宿坊

鎌倉末期においては、融通念仏宗の中興の祖、法明上人が登山され、念仏の修行をしたと伝えられています。

境内の小さなお堂は法明がここで念仏修行を行ったことから「法明堂」と名付けられました。

安養院は大火によって、文献の多くが焼けてしまい、創建などについては 詳しいことは不明です。

大正年間には安養院の第16世の 勢尊(せいそん)が山陽・山陰を訪れた際に、戦国大名

の毛利元就(もうりもとなり) から帰依をを受けて、師壇関係 を結んだと伝えられています。

毛利家の毛利元就とはどんな人?

毛利元就は1497年3月14日生まれで、5歳で母と別れ、10歳で父と別れ、兄とも別れ、孤児になってしまいました。

毛利弘元(父)の継室が 、不憫に思い育てあげてくれました。

毛利元就は、朝日を拝む念仏信仰を毎日欠かさなかった。

元就の後見人であったた家臣に騙され城を追い出されました。

生活は困窮し、情けないけれども領民からは「乞食若殿」と呼ばれていました。

「西国の桶狭間」と呼ばれた戦いが、元就にとっては毛利家の運命を賭けた初陣であった。

スポンサーリンク

そしてこの勝利により、「毛利元就」の名は、ようやく世間に知られるようになりました。

毛利元就は父と 兄がアルコール中毒で命を落としているので、自分は75歳になるまで「下戸」であるということを貫き通しました。

毛利元就は 死ぬ間際に3人の息子に対して結束して毛利家を守って 欲しいと伝えています。

その時に伝えた言葉は、あの有名な「三本の矢」です。

「矢は一本では簡単に折れるが、三本束ねると折ろうとしても簡単には折れない !」結束の大切さを説いた逸話です。

そして、家系的にお酒に要注意なので節酒の心得も説いています。

口コミ

良いところ

緑も多く、とても静かで癒されます。

高野山の中心、少し奥に入ったあたりにある宿坊です。宿坊にはもってこいの雰囲気です

高野山の中央に位置しているので金剛峯寺や奥ノ院にもほど近く、拠点として最適です。

宿坊設備も兼ね備えており、美しい庭園もあるので安心して宿泊できます。

宿泊してお参りするのはもちろん、昼食のみの利用もできます。

予約すれば高野山の精進料理をいただくことも出来ます。

古き良き日本の風情を味わえて、心がしゃっきりしますね

緑に囲まれていて、静粛で、俗世から離れたようでした。

宿坊があり、食事がよかったと友人から聞いたので、次回は宿泊してみようと思います。

奥の院や金剛峯寺を訪れたいと思っていたため、こちらを選びました。立地には申し分なく、お料理も大変美味しいです。四季折々の景色を楽しむこともできますし、洋式トイレがあるので、海外の方でも心配なく宿泊できる場所です。

安養院は高野山の真ん中辺りにあるので、奥ノ院、本山、金剛峯寺、伽藍等に参拝する際にここの宿坊に泊まるととても便利です。

高野山の真ん中から少し離れた位置にあり、静かですごしやすいです。

庭もきれいでとても落ち着きます。夏でも若干涼しく感じます。

安養院はとても風流な建物です。すごく静かな場所にあり、すごくリラックスできると思います。また行ってみたいと思います。

安養院は高野山の中心に位置しています。静かで、空気が奇麗で、世俗から離れたような、

趣のある宿坊です。

自然豊かでパワーがもらえそうな場所です。

静かな環境の宿坊はリフレッシュしたい方におすすめの場所です。

この口コミは個人の方のご意見・ご感想です。

その人の受け取り方にもよりますので参考までに(^^)/

まとめ

安養院は戦国大名の毛利家と師壇関係を結んで位牌を祀っていて、静かな環境でリラックスできる宿坊であるということです。

世俗から離れて、ゆっくりしたい方にぴったりですね。

御朱印を頂いてきました

■次回の記事はこちらから

大門→ 21番目の宿坊巴陵院(はりょういん)の紹介と口コミ  リーズナブルなお寺の国民宿舎!

■前回の記事はこちらから

大門→19番目の宿坊 一乗院(いちじょういん )の紹介と口コミ  本格的な朝勤勤行、メロディーをつけてのお経とは?

高野山のすべての宿坊(1番~52番)紹介と口コミ

■ 安養院( 20 番目)の場所の地図はこちらの記事から(一番下に記載)

野山の高聖地・周辺の見どころ

スポンサーリンク