高野山地図 大門→14番目の宿坊( 明王院)の紹介と口コミ、真っ赤な姿の不動明王は血の絵具で描かれた!

高野山地図 大門→14番目の宿坊( 明王院)の紹介と口コミ、真っ赤な姿の不動明王は血の絵具で描かれた!

スポンサーリンク

明王院は伝説の赤不動が祀られている空海開創の宿坊

明王院は高野山の鬼門の位置にあります。

赤不動明王(秘仏)が祀られています。

宿泊すれば薫香体験もできます。

おはようございます。

私は仏教の大学で学び、今は仏教と書道を楽しく学んでいます。

スピリチュアルなことが好きな、聖佳と申します。

あなたが宿坊を利用される時、この記事が参考になれば幸いです。

■前回の記事はこちらから

高野山地図大門→13番目の西禅院(さいぜんいん) 浄土真宗の開祖親鸞が修行した地

大門から(14番目の宿坊・明王院 みょうおういん)

明王院の資料

建立は816年

開基は 弘法大師空海

本尊は絹本著色不動明王二童子像一幅(重文)

体験できることは、朝勤行(6時から)、 写経、阿字観(予約がいります)、薫香部屋:壁仕

設備:大浴場、小浴場、茶室、洋式トイレ

行事は毎月28日 護摩供があります。

行事は1月28日より2月3日 節分星祭 祈祷会をします。

行事は4月28日  赤不動明王大祭 (午後一時より法要・本尊ご開帳)

一般拝観できます(9時~17時)

お問い合わせ電話番号 TEL 0736-56-2106

【この宿の宿泊プランを見る】

宿坊は宿坊組合に紹介してもらうこともできます。

お問い合わせは TEL0736-56-2616

真っ赤な姿の不動明王は血の絵具で描かれた!

明王院は高野山に於ける最も初期の寺院であったと云われ、日本三不動のひとつとして知

られる赤不動明王を本尊として祀っています。

元々は不動明王を中心とした五大明王を祀っていたと伝えられていますが、ある伝説から

現在の赤不動が祀られるようになったと言います。

寺の伝えによると、空海と同じく唐に渡った円珍(えんちん)という天台宗の高僧が、

日本へ帰ってから比叡山で修行をしていると、神々しく真っ赤な姿の不動明王が現れたと

言います。

円珍は、その姿を残したくて自分の頭を岩に打ち付けて 流れ出た血を絵の具に混ぜて描

いたのが赤不動となったと言われています。

なんだか少し恐ろしいですが、 壇上伽藍の根本大塔の「血曼荼羅」も平清盛の血が使われていましたね。

円珍さんも、清盛さんも 考えられないくらいの驚異的な信仰心 !凄い!

歴史に残り、代々伝わっていますね。

怖い顔をしているのに、なぜか人気の不動明王とは!

後醍醐天皇が念持仏として赤不動を尊崇し、吉野へ逃れる時も持ち歩いていたそうです。

しかし、動乱の世であったため戦火の届かない高野山の明王院に収められました。

本堂に赤不動が祀られていますが、秘仏として普段は見ることはできません。

年に一度、4月28日の法要の時には拝見することができます。

年に一度の御開帳日には沢山の不動明王ファンが訪れるそうです。

明王とは特に密教で信仰される仏さまで、怒った表情をしていますが悪者を懲らしめ、必

死に人々を守り救おうとする姿です。凄!

表情は怖いですが、ファンが多いのも分かりますね。

また宿泊される人は「薫香」 が体験できます。

これは、シルクロードから伝わり密教で使われた香料を焚いて、その香りを楽しみます。

これは有料で 1000円です。詳しくはお問い合わせくださいね。

明王院の口コミ

良いところ

スポンサーリンク

大伽藍や金剛峯寺にも程近く、とてもスムーズに名所巡りができました。

心のこもった美味しいお料理や、細やかなお気遣い、全てが心地良かったです。
次回も泊まりたいと思います。(リピーター

味付けは素晴らしくとてもおいしくいただき満足するものでした。

宿坊体験は素晴らしかった。

ヒーターもあり、散策後の足の疲れは備え付けのマッサージ機が癒してくれました。
次回も利用したいと思いました。(リピーター

高野山内で一人で宿泊できる宿坊が少ない中で、行事の日に空室があり助かりました。
次回お世話になるときは、朝のお勤め是非参加したいと思います。(リピーター

想像以上の宿坊に驚き、とにかくすばらしい対応に、お料理に、お部屋に、お風呂にと、大満足です。
機会があれば是非こちらに宿泊させて頂きたいと思います。(リピーター

綺麗な宿坊で、お坊さんもとても感じが良く、親切でした。朝のお勤めは始まりが少しのんびりでしたが、良かったです。今回は他に2件の宿坊に宿泊しましたが、ここだけが唯一また来たいと思う宿でした。(リピーター

お部屋もきれいで何と言ってもウォシュレット付きのトイレがありがたかったです。

高野槇のお風呂、朝の法話と勤行の参加、忘れられない体験となりました。

宿坊にも関わらず、まるで旅館のよう。
高野山観光にも便利な場所でオススメできる宿坊です。

どこの宿坊でも、精進料理のメニューはワンパターンになりがちですが、こちらではひとひねり加えた料理で、お味もよかったです。
翌日に別の宿坊に泊まった際に、こちらの料理の美味しさを再確認しました。

この建物の前の新築客殿(宿泊棟)にバリアフリートイレや段差の少ない宿泊室があり、この客殿は本堂につながっていて、車いすの人にも安心です。

バリアフリートイレがあります。

悪いところ

浴室内の左側のシャワーが故障していたらしく、お湯も水も出ませんでした。

部屋に髪の毛がたくさん落ちていたので 掃除機をかけてもらいました。

扇風機もホコリが付いていました。

お風呂の石鹸置きにもカビがありました。

コンビニ等は近くにありませんので、必要な物がある場合は調達しておく必要があります。

部屋もきれいでよいのだが、宿泊費との絡みで3点。ちと高い。
風呂はせまく、21時までなので常に満員です。

部屋も寝具も清潔であっただけに、お布団の湿気はとても残念でした。

もっと詳しく知りたい人はこちらのリンクから見てください

まとめ

少し悪評もありますが、観光には立地条件が良く、お料理が工夫されていておいしく、お

坊さんもとても感じが良く、新築客殿はバリアフリーになっており、(リピーター)が多

いということで、おすすめできますね。

この口コミは個人の方のご意見・ご感想です。

その人の受け取り方にもよりますので参考までに(^^)/

御朱印頂いてきました

■次回の記事はこちらから

高野山地図 大門→15番目の宿坊(龍光院 りゅうこういん) 檀信徒のみしか宿泊できない!

■前回の記事はこちらから

高野山地図大門→13番目の西禅院(さいぜんいん) 浄土真宗の開祖親鸞が修行した地

■ 明王 院( 14 番目)の場所の地図はこちらの記事から(一番下に記載)

高野山の聖地・周辺の見どころ(宿坊)

スポンサーリンク