高野山のすべての宿坊(1番~52番)紹介と口コミ・驚きの事実!天狗の骨を・・・(6番目 増福院 ぞうふくいん)

高野山のすべての宿坊(1番~52番)紹介と口コミ・驚きの事実!天狗の骨を・・・(6番目 増福院 ぞうふくいん)

スポンサーリンク

増福院は大門から6番の宿坊。

金剛峯寺まで徒歩約5分。

霊宝館まで徒歩約1分と観光にはとても条件がいいです。

天狗の伝説が今に伝わっています。

この記事では、高野山の宿坊(増福院)について紹介しています。

おはようございます。

私は仏教の大学で学び、今は仏教と書道を楽しく学んでいます。

スピリチュアルなことが好きな、聖佳と申します。

あなたが宿坊をご利用される時、この記事が参考になれば幸いです。

■前回の記事はこちらから

高野山のすべての宿坊(1番~52番)紹介と口コミ( 3番目・桜池院 )

増福院は大門から6番の宿坊です。

増福院について

本尊は愛染明王で江戸時代の最後の作だともいわれています。

増福院は西国愛染明王五十七霊場の第十番札所にもなっています。

その昔、覚海というお坊さんが山門の前にある大きな杉の木で天狗になり昇天したとの言い伝えがあります。

高野山では木の伝承が多いですね。

驚きの事実!増福院のお宝を文豪谷崎潤一郎氏が「天狗の骨」を素手で触った。

増福院には、覚海大徳という高僧が天狗となって天に昇ったという言い伝えがあります。

昭和の文豪谷崎潤一郎氏が来院して、谷崎潤一郎氏本人が天狗の骨を手に取ったのだそうです

いくら大文豪とはいえ、お寺の宝物を素手で触らせてもらえるわけですから、ある程度しっかりした骨だったのでしょうね。

谷崎潤一郎はこの後「覚海大徳の昇天」という小説を発表しています。

また「天狗の骨」は谷崎潤一郎全集の第22巻に載っています。

「天狗の骨」本文によると、この骨は和歌山県伊都郡高野町高野山の増福院 (ぞうふくいん) というお寺で見せてもらったとありますので、本当ですね。

天狗の骨、拝見したいですね(^-^;)・・・ちょっと怖いけどね。

増福院、宿坊の紹介です。2017年6月新館OPEN!されました。

昔ながらの宿坊を楽しみたい方は旧館を、予約してくださいね。

設備重視の方は新館を予約したほうがいいですね。(エアコン、洗面所、トイレ付)有意義な旅にしたいですからね。

チェックイン 15:00~

チェックアウト ~10:00

宿坊に設置されているもの

あるもの:歯ブラシ・歯磨き粉 、バスタオル、浴衣、シャンプー、リンス、ボディソープ、 温水洗浄トイレ です。

ないもの:ハンドタオル、ドライヤー、くし・ブラシ、 髭剃り

ドライヤーはないところが多いですね。

今気が付いた~お坊さんには、髪の毛がない~だからドライヤーに気が付かない!

私もここで気づいた!相手の気持ちにならないとわからないことがあるということを・・

こんなところで、悟りの世界が見えた!

なんてオーバーな私(^_^)

とにかく、軽量のドライヤーを持っていかれたほうがよさそうです。

高野山は気温が4~5度くらい低くなることを考慮したほうがいいですね。

風邪をひいては、楽しい旅が半減してしまいます。

ブラシと髭剃りも必要ですね。ぼさぼさ頭と無精ひげはダメですね。

観光ですが・・・参詣ということもお忘れにならないように(^^)/

ペット宿泊はだめです。

駐車場有り 乗用車10台(無料)

一般拝観できます(6時~18時)

お問い合わせ  TEL 0736-56-2126

宿坊は宿坊組合に紹介してもらうこともできます。

スポンサーリンク

お問い合わせは TEL0736-56-2616

【この宿の宿泊プランを見る】

増福院の口コミを調べました。

良いところ

とても清潔で良かったです。

丁寧な接待をしていただき、心安らぐとても素敵な宿坊でした。

とても良い宿坊なので、あまり皆さんに紹介したく無い程です。

wifiも完備され廊下にwifiパスワードが貼られています。

立地がとても良かったことと、お寺の僧侶の応接がとても良かった。

またこちらの宿坊に泊まりたいとおもいます。

悪いところ

お風呂にドライヤーの設置をお願いします。

味付けをもう少し丁寧にして欲しい。

朝ごはんの味付けのりが湿って固まってしまっており大変残念でした。

部屋までの行き方が迷路のようで、迷った。

外国の人の言葉、寝るときはベットのほうがいい。

これは個人の方のご意見・ご感想です。

その人の受け取り方にもよりますので参考までに(^^)/

【 もっと詳しく知りたい人はこちらのリンク先から見てくださいね 】

まとめ

2017年6月新館がオープンされていますので、昔ながらの宿坊と新装された宿坊、好きなほうを選べるのがいいですね。

虫など嫌いな方は新装された宿坊がいいですね。

ここは外国の方も多く宿泊されています。

口コミの中には、やはりベットがいいと言っている外国の方がいました。

増福院にも「天狗の骨」という伝説があります。

伝説のある宿坊は興味がわきますね。

追記事、12月7日に御朱印頂きました。

大門のところの気温がAM8:00頃(-2.7℃)でした(>_<)

ネックウォーマー持っていて良かった~!

■ここから記事は読むことができます。(4番・5番)

宿坊の4番目(宝亀院)は空海さまの衣替えの宿坊で紹介済みです。

宿坊の5番目(遍照尊院)は弘法大師空海が修行中に周りが輝きだした不思議なお寺

で紹介済みです。

■次回の記事はこちらから

高野山教報よりお知らせ!忘れていることはないですか?見逃さないように再確認を・・・

■前回の記事はこちらから

高野山のすべての宿坊(1番~52番)紹介と口コミ( 3番目・桜池院 )

■増福院( 6 番目)の場所の地図はこちらの記事から(一番下に記載)

高野山の聖地・周辺の見どころ

スポンサーリンク