高野山のすべての宿坊(1番~52番)紹介と口コミ(3番目・桜池院ようちいん)なんと!ジャグジーバスがある

高野山宿坊地図(1番~52番)の紹介と口コミ(3番目・桜池院 ようちいん)なんと!ジャグジーバスがある。

スポンサーリンク

「宿坊」とは、お寺や神社の宿泊施設のことです。

元々は、僧侶や参拝者の人たちが泊まるための施設でした。

今では一般の人々が、日常から離れて、座禅、写経、そして歴史ある建築や庭を楽しめます。

歴史ある精進料理も楽しめます。

桜池院(櫻池院)は大門から3番目の宿坊

白河天皇第四皇子 覚法親王が開基。

後嵯峨院の「桜咲く木の間漏れ来る月影に心もすめる庭の池水」と詠まれた歌が寺号にな

っています。

この記事で桜池院(櫻池院)の紹介をしています。

こんにちは(^_^)

私は仏教の大学で学び、今は仏教と書道を楽しく学んでいます。

スピリチュアルなことが好きな、聖佳と申します。

あなたが宿坊をご利用される時、この記事が参考になれば幸いです。

■前回の記事はこちらから

高野山のすべての宿坊(1番~52番)の紹介と口コミ(2番目・報恩院)ほうおんいん

大門から(3番目)の宿坊・桜池院(ようちいん)

桜池院の由来

白河天皇第四皇子 覚法親王が開基。

後嵯峨院の「桜咲く木の間漏れ来る月影に心もすめる庭の池水」と詠まれた歌が寺号にな

っています。

室町時代には関東公方の足利氏と師壇関係をもっていました。

学侶方の寺院として利用されています。

本尊阿弥陀如来を始め十一面観音、不動明王、秘仏毘沙門天等があります。

合併された成慶院は1560年に武田信玄と宿坊契約を結び、高野山における 菩提寺となっ

ています。

長谷川信春筆の武田信玄公寿像は、教科書に載るほど著名な絵です。

ぎゃ~!あの仲の悪い、武田信玄の供養塔と上杉謙信の霊屋が道を挟んで近くにある・・・なぜ(>_<)

上杉謙信との5度にわたる川中島の合戦は、名勝負として語り継がれていますね。

それほど仲が悪いのに、武田信玄の供養塔と上杉謙信の霊屋が道を挟んですぐ近くに建てられています

なぜ?

と思いましたが、思わずクスッと笑ってしまいました(^_^)

亡くなってからも、道を挟んでまだ戦っているのか!

謙信が信玄を嫌っていたことがあるという説があったり、謙信女性説もあるそうですから

恋愛の縺れか?それともロミオとジュリエットなのか・・・私は妄想で頭の中がいっぱい

です。あなたはどう思いますか?

武田信玄の供養塔と上杉謙信の霊屋を見学してくるのも面白いです。

場所は、この記事の一番下に記載しています。

すみません(-_-;)余分なことを・・・でもせっかくなので、歴史に触れてください(^^)/

桜池院の宿坊案内

大伽藍、金剛峰寺見学には、最適の場所にあります。

バスでは、伽藍金堂前下車、徒歩1分のとろこに位置しています。

お世話はすべて、修行僧さんがしてくれます。

収容人数約80名、客室数26室あります。

旅の疲れをジャグジーバスで癒すことができます。

昼食のお申し込みもできるそうですが4名様からになるそうです。

お食事はお電話でご予約くできます。 0736-56-2003

昼食 3000円・4000円・5000円(消費税込)です。

宿泊料金 1泊2食で11,000円~(消費税込)です。

チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00

食事場所は、夕食・朝食 お部屋でいただけます。

大浴場 シャンプー・石けん・ドライヤーあり (ジャグジーあり)

バスタオルは、料金設定(13000以上はついている)により違うそうですが100円

で借りることができます。

セイフティボックスが備え付けられたお部屋もあります。

貴重品は、寺務所にて預かっていただけます。

貴重品に関しては安心ですね。

ペットもOKで、盲導犬以外は院内の庭によろしく。

必要な方には、院内での車イスの貸し出をしていただけます。

院内まで車イスを降りず入れるので、バリアフリー設計になっているのはいいですね。

お食事の際、ひざを折って座りにくい方のために、食事用のイスと机があります。

スポンサーリンク

冬期は、門限が日によっては、8時になることもあるので気を付けてください。

体験できることは

心を落ち着けて写経と写仏の体験(要予約)

写経について実費として、1000円必要です。

写経とは経典を写す事によって仏様の功徳をいただく修行です。

写仏も1000円必要です。

下線に沿って仏画を書きます。

「般若心経」を台紙に沿って、写します。

夜は役僧の方が近くにあるライトアップされた金剛峰寺や大伽藍を案内してくださいます。

6時半から本道での勤行に参加。

「高野山は祈る場所で京都は観光する場所」との英語での住職の解説のあと皆で阿字観

する。真言宗に伝わる瞑想法で真言禅とも呼ばれてるものです。

一般拝観できます(9時~16時)

お問い合わせTEL 0736-56-2003

【この宿の宿泊プランを見る】

宿坊は宿坊組合に紹介してもらうこともできます。

お問い合わせは TEL0736-56-2616

口コミ

良いところ

食事が美味しい。

朝のお勤めに参加して素晴らしい経験をした。

朝のお務め時の僧侶の一方的な話ではなく、対話調で、知らない事を沢山教えて頂けた。

玄関脇にある名園の佇まいにはひときわ心を癒されました。

立派な本堂と宿坊は静寂で心落ち着く場所でした。

お世話していただいた僧侶の方には流暢な英語でお話しをしてみえました。

共同風呂がジャグジーで気持ち良かった。

お庭も内部の装飾も見ていてうっとりです。

部屋は掃除が行届き清潔、期待以上の満足度満点。座禅もよかった。

素泊りできるのも柔軟でよい。

とても親切でよかったです。

悪いところ

お食事が、自家製でないような気がしました。

すいものや、煮物、揚げ物は、温かいものがほしかった。

お風呂も、お湯がぬるく、ちょっと狭かった、お部屋も寒かった。

2階にもトイレがあるとよかったかな・・・。

網戸が一方向しかなく、風の通りが悪かった。

お風呂のにおいが気になった。

部屋の中にヤモリがいてたのがちょって怖かったです。

これは個人の方のご意見・ご感想です。

その人の受け取り方にもよりますので参考までに(^^)/

【 もっと詳しく知りたい人はこちらのリンク先から見てくださいね 】

御朱印いただいてきました。

■次回の記事はこちらから

高野山のすべての宿坊(1番~52番)紹介と口コミ・驚きの事実!天狗の骨を・・・(6番目 増福院 ぞうふくいん)

■前回の記事はこちらから

高野山のすべての宿坊(1番~52番)紹介と口コミ( 2番目・報恩院 )

■桜池院( 3 番目)の場所の地図はこちらの記事から(一番下に記載)

高野山の聖地・周辺の見どころ

スポンサーリンク