慈尊院は、高野山の中でも特に重要な寺院の一つです。

慈尊院は、高野山の中でも特に重要な寺院の一つです。

スポンサーリンク

弘法大師御母公のお寺として知られる慈尊院。

「子宝、安産、育児、授乳、病気平癒」を願って、[乳房型絵馬」をご奉納して祈願するという日本でもたいへん珍しいお寺です。

ご利益を願って多くの女性に信仰されています。

慈尊院について、この記事で詳しく紹介します。

おはようございます。

私は仏教の大学で学び、今は仏教と書道を楽しく学んでいます。

スピリチュアルなことが好きな、聖佳と申します。

主に女性に関するご利益が多いようです。

子宝、安産、育児、授乳、病気平癒に不安がある方は、一度訪れてみては如何でしょうか。

ご住職が、とてもお話の好きな方で、いろいろ教えていただけます。

そして、からだに痛いところがある方に最適なところがありますよ~(^_^)

この記事が、あなたにとって参考になれば幸いです。

■前回の記事はこちらから

宗教都市高野山への道のりは?慈尊院から極楽浄土に行ける道とは

高野山の表玄関、女人高野の慈尊院の役割りとは

弘法大師空海さまが高野山開創の際、その表玄関として創建した伽藍であり、高野山全体の庶務を司る寺務所(政所)や、山上が雪に閉ざされる冬季の修行の場としての役割もありました。

高野政所 とは

江戸時代までの高野山は多くの寺領を持ち、中央政界に対する影響力も持っていました。

慈尊院はその事務、庶務、政務を取り仕切る寺務所であり、「高野政所(こうやまんどころ)」と呼ばれていました。

( 政所)とは公家や幕府の家政、政務、財政を司った機関ですが、「高野政所」も寺領からの年貢の徴収、外部との折衝を行なっていました。

慈尊院は、中世から近世にかけて一大勢力だった高野山の中枢でした。

空海の母は香川県の善通寺から息子の活躍を見たいと来るが、残酷な掟が・・・

空海の母は讃岐の国(香川県)の善通寺から、息子の開いた高野山をひと目見たいとやってきました

やはり、母親ですね。

子供の活躍は、うれしいものです。

残念なことに、ここは女人禁制です。

母親はこの地にとどまり、弥勒菩薩を篤く信仰していました。

弘法大師空海さまは1ヶ月に九度の頻度で、高野山町石道を歩いて母に会いに来たと言われ、それが「九度山」という地名の由来となりました。

1ヶ月に9回もあの高野山町石道を往復してまで母親に会いに来てあげているという、なんと親孝行なのでしょうか!

自分自身も多忙なのに、やはり空海さまは天才プラス慈悲深い人ですね。

女人高野とは、そして21年に1回しかないこととは?

835年にお母さまがなくなると、空海さまは母が弥勒菩薩になった夢をみたため、自分で弥勒菩薩像と廟堂を作り母親の霊を祀りました。

弥勒の意味は慈しみを意味しています。

弥勒菩薩は「慈尊」という別名があり、そのため、ここは「慈尊院」と呼ばれるようになりました。

慈尊院は女性が仏様と縁を結ぶ(女人結縁)寺としても知られていて、高野山の山上に入れない女性のために、高野山参りの場所「女人高野」として活躍していました。

収蔵されている木造弥勒仏座像は国宝に指定されています。

弥勒堂は重要文化財かつ世界遺産の一部として登録されています。

平安時代初期の彫刻として貴重な像です。

空海さまの命日が21日なので開扉されるのは21年に1回限りです。

慈尊院の乳房型絵馬が主流となった火付け役は、小説「紀ノ川」が映画化されて!

スポンサーリンク

この「乳房型絵馬」はご奉納者による手作りで、絵馬に「奉納 祈安産成就 南無弥勒慈尊」と書き、そこに乳房に見立てた15センチくらいに裁縫したものの中にお米を入れて絵馬に着けて奉納します。

沢山の絵馬が掛けられていました。

ということは、沢山の方が悩み、苦しんでいらっしゃるということですね。

ほんとうに、気持ちよくわかります。

私の娘も子供ができにくかったので、慈尊院さんではないですが祈祷していただきました。

そこは、四日市の「一心寺」さんです。

参考のため三重県四日市市笹川1丁目156  TEL059-321-0152

ここも空海さまの関係するお寺です。

空海さまの関係するお寺とは全然知らず、後でわかってびっくりしました。

空海さまの銅像が建てられていました。(気が付かず、空海さまには申し訳なかったです。)

祈祷していただいて、かわいい孫に恵まれました。一心寺さん、空海さま、ありがとうございました。

もし一心寺さんにいかれるのであれば、一度お電話してからのほうが良いと思います。

慈尊院弥勒堂

鎌倉時代のもので桁行(けたゆき)3間、梁間(はりま)3間、一重宝形造り・檜皮葺き昭和40年に「慈尊院弥勒堂」の名称で国指定重要文化財に、世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の構成資産の1つです。

先日お伝えした番組覚えて見えますか、TBSの番組(10月1日、8日)18:00~18:30放送の「世界に誇る三大聖地~紀伊山地の霊場と参詣道(日本)」高野山に関係のある場所です。

霊場という文字を見るだけで神秘的な感じがしますね。

ワクワクします(^^)/

ビンズルソンジャ(ビンズリ)とは

ビンズルソンジャさまとは、お釈迦様のお弟子さんとして実在された人物です。

顔は赤く、少し怖い表情ですが、痛む場所を手で撫ぜるとご利益があるそうです。

訪れたときには、撫ぜてみてくださいね。

空海さんの像の横に案内犬ゴンがいます。

空海さまは犬に縁があるのですね。

この犬は、高野山を発見した時の犬ではないですが、昭和の60年代に実在した犬で紀州犬と柴犬の雑種だそうです。

のらちゃんでしたが、お寺に住みついたようですね。

名前は慈尊院の鐘の音によく反応したため「ゴン」と付けられました。

しかし、この「ゴン」ちゃんも案内犬として活躍したようです。

高野山町石道を歩く人々を案内するようになったため、高野山で空海さまを案内した犬の再来ではないかともいわれていました。

赤いお堂は鬼子母神が祀られています。

姿は、天女の形 右手に吉祥果(ざくろ)を持ち、左手に子供を抱いている。

ご利益は子育て、安産、子供いじめの解消、子供の安全です。

かなり怖い話、鬼子母神がかなりの人数、500人とも1000人ともいわれる子供を産み、子供を育てるためほかの子供をさらては食べていました。

子供をさらわれた母親たちは嘆き悲しみ、お釈迦様にお願いしたそうです。

お釈迦さまは、鬼子母神の子供を1人隠されました。

初めて、子供をとられる悲しみを知って、それから良い母親になったということです。

秋にはザクロをお供えするそうです。

まとめ

慈尊院さんも見どころ満載ですね。

最後の鬼子母神ですが、相手の気持ちになって初めて痛みがわかったのですね。

我々の日常生活でも、同じことがいえると思います。

相手の気持ちを考えて言葉を選び行動したいものですね。

慈尊院は高野山にとって大切な出発点です。

ご住職さんとのお話も楽しいですよ。

高野山に行かれる前に、チョット訪れては如何でしょうか。

最後に、駐車場は少し小さい感じがしました。

7~8台くらいのスペースです。

慈尊院さんの御朱印です。

■次回の記事はこちらから

相互供養(そうごくよう)相互礼拝(そうごらいはい)

■前回の記事はこちらから

宗教都市高野山への道のりは?慈尊院から極楽浄土に行ける道とは

スポンサーリンク