9月の行事予定と高野山教報より総本山金剛峯寺「柳の間」

高野山教報より9月の行事予定・総本山金剛峯寺の世にも恐ろしい「柳の間」

「柳の間」の恐ろしくも悲惨な結末とは

「高野山を816年に開創した空海は、この総本山を金剛峯寺と名付けた 」という記事を6月30日に記載していますがより詳しく解説します。

NHK総合で放送される「ブラタモリ」がより興味深く見ることができると思います。

おはようございます。

私は仏教の大学で学び、今は仏教と書道を楽しく学んでいます。

スピリチュアルなことが好きな、聖佳と申します。

■前回の記事はこちらから

9月の行事案内・あのタモリさんが金剛峯寺に訪れて、NHK総合放送で3週にわたり放送!

スポンサーリンク

NHK「ブラタモリ」で高野山が紹介されます。

9月9日(土曜)・16日(土曜)・23日(土曜)

総本山金剛峯寺「柳の間」の恐ろしくも悲惨な結末とは!

高野山にお参りされる方々が多くは、まず空海さんのいらっしゃる奥の院に行かれて、たくさんのお堂が立ち並ぶ伽藍という場所を訪れます。

そして檜皮葺の大屋根を持つ総本山金剛峯寺を訪れるそうです。

金剛峯寺の玄関を入って受け付けから廊下を30mほど進むと「柳の間」という小さな部屋が見えてきます。

この部屋は関白秀次公が切腹・なぜ!

叔父の秀吉から追い詰められての切腹です。

秀吉の主君織田信長公の命を奪った明智光秀公っを討ち果たし、他の有力な武将をも抑え込んだ秀吉は、朝廷から豊臣の姓を頂き天下を統一しました。

秀吉は淀殿との間に鶴松ができますが、3歳の時に亡くなってしまいます。

深い悲しがありましたが、自分が築き上げた地位や財産を継がせるために甥の秀次を養子にしました。

秀次は天下の副将軍の関白の職を頂き、自らも太閤に上りつめました。

家来にも慕われ、とても人柄がよかったそうです。

この時24歳でした。

将軍秀吉に子供ができ、秀次に暗雲が・・・

秀吉は自分の血を引き継ぐ子供、後の(豊臣秀頼)ができたので、秀次が邪魔になり言い掛かりをつけて追い込んでいきました。

秀吉は現代では考えられない行動をとります。

真実をねじ曲げ秀次の側近の木村常陸守や白井備後守はじめ、その妻子らまで処刑してしまいます。

その2日後に秀次に「柳の間」での切腹を命じました。この時は28歳でした。

何が何だかわからない間に、自分の叔父に妻子まで殺され、高野山に逃げてきた28歳の秀次はどんな気持ちだったのでしょうか?

将軍秀吉にも暗雲が・・・罰が下された!

秀吉の子供、豊臣秀頼は大柄で190㎝ぐらいあり、秀吉は身長150㎝位の「小柄な武将」として有名でした。

そのため、秀吉の実子か?疑われている要因にもなっていたようです。

さらに、秀頼には子供ができませんでした。

秀頼は、母親のいいなりになり、頼りない人物といわれています。

結局、秀頼は「「大阪の陣」で敗れ23歳で自害しています。

秀次より5歳も早くなくなっています。

やはり、因果はめぐりますね。

清く正しく生きていきましょう(^_^)

スポンサーリンク

可哀そうな運命の秀次の亡骸はどこに祀られているの?

金剛峯寺の北側にある光臺院というお寺の裏山に眠っています。

少し歩くと、木の結界で囲まれた秀次のお墓があります。

光臺院に行かれたら、秀次さんにも会ってきてください。

まとめ

記事を読んでいただいて、「ブラタモリ」の番組を楽しんでください!

そして、悪いことが起こらないように、清く正しく生活していきましょう(^^)/

■次回の記事はこちら

高野山教報より(心のコントロール、心の持ち方を変えよう)

■前回の記事はこちら

9月の行事案内・あのタモリさんが金剛峯寺に訪れて、NHK総合放送で3週にわたり放送!

スポンサーリンク