高野山の聖地、檀上伽藍和訪ねて(⑩准胝堂 ⑪御影堂 ⑫三鈷の松

高野山の聖地、檀上伽藍を訪ねて(⑩准胝堂 ⑪御影堂 ⑫三鈷の松

スポンサーリンク

壇上伽藍はたくさんの塔があり、伝説ばなしも数多くあります。

見落としがないように順を追って詳しく紹介していきます。

おはようございます。

私は仏教の大学で学び、今は仏教と書道を楽しく学んでいます。

スピリチュアルなことが好きな、聖佳と申します。

高野山の魅力と神秘を堪能してください。

この記事で詳しく紹介しています。

■前回の記事はこちらから:

高野山の聖地、檀上伽藍和訪ねて(⑦西塔 ⑧ 孔雀堂 ⑨逆差しの藤)

高野山の開創秘話!唐から投げた三鈷杵が壇上伽藍の松にあり!

三鈷杵は修行の場を高野山に決めた大切なもの!

三鈷杵により山の神に会え、そして高野山を山の主に授けて頂きました。

天平時代に書かれた祝詞である「丹生大明神祝詞」によれば山の神の丹生都比売大神は天照大神の御妹神で稚日女命(わかひるめのみこと)ともいわれています。

⑩金堂の北西にたたずむのが准胝堂(じゅんていどう)

本尊の准胝観音は、僧侶になるための最初の儀式、弘法大師が得度の儀式を行う際の本尊として自ら造立されたと伝えられています。

この准胝観音は、伽藍が建立された当時、食堂に安置せられていたと伝えられています。

その後、973年頃になって、この堂が建立され、移動されたということです。

幾たびも焼失しましたが、現在の堂は1883年に再建されました。

なお、このお堂では毎年7月1日に「尊勝陀羅尼」(そんしょうだらに)を唱えて、日々の罪や過ちを懺悔する、准胝堂陀羅尼会(じゅんていどうだらにえ)と呼ばれる法会が営まれています。

尊勝とは尊く優れているということで陀羅尼と言うのは「記憶されるべき呪文」みたいな意味です。

八七句から成り、これを唱えまたは書写すれば、悪を清め長寿快楽を得、自他を極楽往生させるなどの功徳があるという事です。

如来の仏像に頭の渦巻きの中に一つだけ色が違う大きい物がありますね。

日髻珠(にっけいじゅ)というもので悟りに達した証とされ如来さまが有するものとされています。

仏の知恵を象徴するものといわれています。

准胝堂の裏には高僧祈親上人が高野山再興の願掛けとして逆さに地面に植えた「逆指の藤」があります。

前回の記事で紹介していますので ⑨逆差しの藤の記事を読んでくださいね。

⑪准胝堂の東側に立つのが御影堂(みえどう)

スポンサーリンク

御影堂は、もともと空海の持仏堂として建立されましたが、後に真如親王直筆の「弘法大師御影像」を奉安し、空海自身が目を描きいれ開眼した姿が収められているため、「生身の大師」を拝むことができると言われています。

御影堂と名付けられました 。

現在の建物は、1843年に炎上後、1848年に再建されたものです。

桁行15.1メートル、梁間15.1メートルの向背付宝形(ほうぎょう)造りで堂内外陣には弘法大師空海の十大弟子の肖像が掲げられています。

このお堂は高野山で最重要の聖域であり、限られた方しか堂内に入ることは許されませんでしたが、近年になって旧暦3月21日に執行される「旧正御影供」の前夜、御逮夜法会(おたいやほうえ)の後に外陣への一般参拝が許されるようになりました 。

「御逮夜 」で、伽藍が花とろうそくでいっぱいになります。

素晴らしい光景です。

⑫三鈷の松(さんこのまつ  )

金堂と御影堂の中間に瑞垣で囲まれた松の木があります。

この松の木にこのような伝説話が残っています。

弘法大師が唐より帰国される折、明州の浜より真言密教を広めるにふさわしい場所を求めるため、日本へ向けて三鈷杵(さんこしょう)と呼ばれる法具を投げたところ、たちまち紫雲(しうん)たなびき、雲に乗って日本へ向けて飛んで行きました。

後に弘法大師空海が高野近辺に訪れたところ、狩人から夜な夜な光を放つ松があるとのことで早速その松へ行ってみると、そこには唐より投げた三鈷杵が引っかかっており、弘法大師空海はこの地こそ密教をひろめるにふさわしい土地であると決心されたという話。

もう一つの伝説には、空海は、大和国で出会った猟師が連れていた二匹の犬に、案内され、そして険しい山の中で出会った女神(山の主)に導かれて、高野山に飛んできた三鈷杵にたどり着く事が出来て、空海は底を真言密教の聖地と決めました。

この猟師と女神が、この山の神で丹生都比売大神とその御子の高野御子大神 でした。

結局は、山の神々に導かれ、てここに来るべくして、来たいうことですね。

その松は三鈷杵と同じく三葉の松であり、

「三鈷の松」としてまつられるようになりました。

現在では参詣者の方々が、縁起物として松の葉の落ち葉を持ち帰り、お守りとして大切にされています。

お財布に入れていくと、金運アップになるらしいです。

私も、もちろん 見つけてきました。

■次回の記事はこちらから

高野山の聖地、壇上伽藍を訪ねて(⑬根本大塔 ⑭対面桜 ⑮大塔の鐘)

■前回の記事はこちらから

高野山の聖地、檀上伽藍和訪ねて(⑦西塔 ⑧ 孔雀堂 ⑨逆差しの藤)

今日の一言

ベストセラーのナンバー1は料理の本。

ナンバー2は減量の本

アンディ.ルーニー

今日も、一日あなたにとって良い日になりますように(^_^)

スポンサーリンク