空海と世界遺産の高野山、の魅力!

空海と世界遺産の高野山、魅力とは!

スポンサーリンク

高野山てどんなところ?

山ばかりなの?

お墓ばかりなのに楽しめる観光地?

「弘法大師空海は今も高野山で生き続けている」?

なんだか不思議な事ばかり!

この記事で、あなたの疑問を解決していくように、分かりやすく解説しています。

おはようございます。

私は仏教の大学で勉強してきて、今は仏教と書道を楽しみながら学んでいます。

聖佳と申します。

<真言密教の聖地・高野山とはどんなとこ?>

高野山開創1200年になります。

高野山って、山の名前ではないですよ。

標高およそ900m の山の上につくられた、東西約5キロ、南北約2キロそんな小さな町です。

八葉の峰と呼ばれる高い山々に取り囲まれた盆地です。

高野山と名前が付いていますが、ここに着くと、山を登ったりするようなところではなく、普通の街並みです。

高野山そのものは、平成16年に熊野三山と奈良県の吉野・大峰と合わせて世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」として登録され、その文化形態と歴史的意義が、世界中に配信されました。

とても嬉しいことですね。

<交通の便は結構いいです。>

大阪の難波駅から南海電鉄・南海高野線に乗って、車窓を楽しんで下さい!

そして、極楽橋駅からケーブルカー乗ると高野山駅です。

車で来ても便利です。歩くの苦手な人はおすすめです。

しかし、くねくねと曲った道が続くので、カーナビがないと高野山に着くまで少し不安になるかもしれません。

本当に、たどりつけるの?なんて思いますよ!

でも、大丈夫です!

駐車場

●入口の大門の側に駐車場があります。

駐車場の前にお助け地蔵があります。

少し階段を登りますが、足慣らしにいいと思います。

中門のところ(根本道・壇上伽藍・金堂)などがあるところにも前に駐車場があります。

金剛峯寺の前にもあります。

奥之院にも真ん前に駐車場があります。

この4か所がメインですね。

どの人も、急ぐことなくゆっくり、のんびり歩いて、日常とは違うテンポで散策を楽しんでいます。

通りの道幅もちょうど良く、お店がたくさん並び、食べ歩きやお買い物が楽しめます。

すこし太ってしまうかも?(笑)

スポンサーリンク

< お墓ばかりなのに、なぜ人気があるのか?>

それは高野山の墓地に、宗派関係なく戦国時代の歴史的人物が埋葬されているからでしょう。

どのような人がいるのでしょうか?

少し名前を挙げてみると

  • 伊達政宗=関ケ原の戦いや大阪の陣で徳川家につき娘を徳川り嫁がせたが、事あるごとに徳川を倒そうとしていた。片目を失っていた人
  • 石田三成 =豊臣秀吉の側近として活躍し関ケ原の戦いで敗北した武将
  • 明智光秀 =主君の織田信長を本能寺においておそった安土桃山時代の武将
  • 織田信長=天下統一を果たした尾張の戦国大名
  • 徳川家康 =江戸幕府を開き天下泰平の時代を築いた人川柳で有名ですね「鳴かぬなら、鳴くまで待とうホトトギス」
  • 武田信玄=優れた軍略で天下を狙った戦国時代の大名
  • 上杉謙信 =武田信玄と川中島(かわなかじま)戦った戦国時代の武将
  • 井伊直弼 =彦根藩の殿様で末期江戸幕府の中心となって幕府の権威権力の回復と外交政策を推し進めた人
  • 春日局(かすがのつぼね)=江戸幕府第3代将軍・徳川家光の乳母
  • 親鸞聖人=浄土真宗を開いた鎌倉時代の僧
  • 法然上人=念仏をすすめ浄土宗を開いた平安時代末期の僧

などです。

なぜこのような、裏切ったり、裏切られたりしたはずの人達が同じ場所にお墓があるのでしょうか?

とても不思議ですね。

戦国の世の勝者も敗者も身分の位の差別なく、弘法大師のそばで安らかに眠りたいというのですね。

今の時代、夫婦であっても同じお墓に入りたくない!

なんて言っていますが・・・仲良くしてほしいものです。

高齢になった時、本当に自分を助けてくれるのは側にいるパートナーなんですけどね。

戦国時代の歴史的人物のように、大きな心でいたいですね。

これだけの歴史的人物が、そろって高野山にいるのにも驚きますね。

墓石をみて、興奮しました。

私は歴史はあまり好きではなかったのですが、空海さんの生涯に触れてみて、ここまで来た歴史が愛おしくさえ感じられます。

日本仏教の歴史の中で、名だたる高僧は数多くいるけれど、その中で今もなお生き続けて人々の救済にあたっているのは空海さんだけですね。

だから、四国八十八か所を巡礼するお販路さんのすげ笠には必ず同行二人(どうぎょうににん)と書かれています。

行くところ、いつも空海さんと二人、つまり必ず空海さんが一緒についてきてくれると信じている証拠ですね。

<弘法大師空海が今も生き続けているとは?>

弘法大師「空海」が 即身成仏をしたことにあります。

即身成仏とは、一般に「この身このままで成仏すること」と説明されています。

「生きているうちに仏様と一体になる」 事です。

即身成仏ができて初めて、自分に大日如来の力が加わって、力強い能力を発揮できるようになると言うものです 。

弘法大師「空海」は何事に対しても命がけで取り組んで 来た人物です。

その行いが人の心に残り次世代に受け継がれ、生き続けているのでしょうね。

■次回の記事はこちら

天空の仏都、聖地の高野山を訪ねて

今日の一言

小さなことをほめよう。

同じことを何度でもほめよう。

あなたにとって、いい一日になりますように(^_^)

スポンサーリンク